2018年05月31日

姫路文学館でお菊さんと美術館

姫路で見たいものがあったので、阪神・山陽のシーサイド1dayチケットを買って出かけて来ました。JRより時間はかかるけど、2000円なので大阪と姫路の往復でもう元が取れるし、途中下車もできてあちこち寄れるので、時間さえ余裕あればお得。

姫路駅から本数の少ないバスに乗ってまずは文学館へ、「怪談皿屋敷のナゾ 姫路名物お菊さん」展。

IMG_0459.jpg

入り口すぐの何人かの著名な民俗学者がお菊さんに言及した部分の抜粋のパネルで一気に展示に引き込まれた。
それから日本各地に残る皿屋敷・お菊伝説マップのパネルに見入っている人が多かった。
お菊伝説はもちろん広範に知られているけど、姫路の人にとっては特に地元の話っていう印象が強くて、そういう日本各地に伝わっているという広がりが面白いのかもなあ、とちょっと思った。
私もしっぺい太郎伝説はなんとなくうちんとこの話って印象があるしな。

そのマップの分類も、展示されてる各地のお菊伝説に言及した文献も、お菊伝説から派生した品々も、丁寧なお仕事というか研究の成果という感じがして好感を持つ。
あと要所要所で月岡芳年の浮世絵が目に入って、イメージを喚起してくる。

私はお菊伝説は幽霊話、怪談として知ったけど、語られ方によって、受け取り方によって伝説は違うバリエーションを持つということ……忠孝とか教訓だったり、悲恋だったり、宗教的な仏教説話だったり……そういうところが面白いと思った。
蝶の蛹が縛られた女に見えるということでお菊虫と言われるようになったのも、人によっては妖怪みたいに喧伝する人もいるし、ただの昆虫だよって言ってる人もいるという具合に。

それから大念仏寺や東京の全生庵からお菊にまつわる幽霊画が来ていて、文学館の展示だから文献ばっかりかなと思っていたので嬉しい驚きだった。
鏑木清方のお菊さんが見られたし、あと絵葉書にあった久保田米僊がこの間京都で名前知ったばかりで、あ、あの…ってこういう風に知識が繋がると嬉しい。
浄瑠璃や歌舞伎、映画、現代の小説までお菊づくしで、あとやっぱり伝説が土地の名物になっているというのが面白かったな〜。文学に留まらず美術、文化史、民俗学的な多方面の面白さのある展示でした。

IMG_0471.jpg

文学館のカフェで休憩して図録を読む。ここのカフェのコーヒー美味しかった。近所にあったら週一で読書に行く。

文学館の敷地内に望景亭という大正時代の有形登録文化財の建物がご自由にお入りくださいとなっていたので入ってみた。

IMG_0481.jpg

貸室として補修されているせいか、部屋そのものは普通だったけれど、廊下や細かいところが凝っていた。

IMG_0461.jpg

襖の引き手がこんな感じで、琵琶?それか櫂?と思いつつ反対側を見たら、

IMG_0480.jpg

ちょっと付け足されて鳥になってるのとか。

IMG_0490.jpg

あと別の部屋は陶器だった。

IMG_0489.jpg

書院窓もむちゃくちゃ凝っていた。

IMG_0482.jpg

庭にはお城の礎石を流用した大きな石とかもあって、なかなか見応えがあった。

IMG_0483.jpg

すっかり堪能して、お城の敷地を横切って美術館へ。

IMG_0473.jpg

何回来ても、姫路城が借景なのが強いと思う。
ここでは「連作の小宇宙」展を見ました。美術館の所蔵品の絵画の連作をじっくり見るという企画。
中村忠二の動物シリーズけっこう好きだった。もし自分ちに1枚飾るなら、この中の「怠けぐま」か「生きている者」だなー。
大野麥風の木曽路と大日本魚類画集もけっこう見応えがあった。

姫路駅付近まで戻って、文学館の展示で『暗夜行路』にお菊神社に行く場面があると知ったので、歩いて行ってみた。

IMG_0486.jpg

十二所神社の境内にあるんだけど、大きな道に面して別に鳥居があった。空襲で焼けて縮小したそうなので、多分志賀直哉が見たそのままではない。

IMG_0488.jpg

お参りして一回りした。

IMG_0477.jpg

絵馬はお皿の形らしい。

IMG_0487.jpg

お菊の松や石碑などがある。
そういえば姫路城の敷地の中にお菊井戸もあるけど、ちょっと立ち寄る体力がなかった。

IMG_0485.jpg

なかなか歩き回ったので、大阪に帰る前の腹ごしらえとお茶のできる店を探して、近くにあったカフェラダダでおやつにスイートポテトを食べて、美味しかったので焼き菓子をお土産にして帰宅。
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館

2018年05月26日

足が痛い

4月の半ばから足の痛みがひどくなって、2年ぶりに整形外科に行きました。
2年前に変形性股関節症と診断を受けていて、ストレッチ指導とかしてもらってだましだましやって来たんですが、急に酷い痛みが出て、歩くのもやっとというかペンギンみたいな歩き方しかできなくなって、通勤もしんどいという状態になってしまいました。
それで変な歩き方をしていたら股関節だけじゃなく尻や膝も痛くなってしまって、限界に。

それで2年ぶりに病院に行って、育ってるやん!(体重が)と厳しく突っ込まれつつレントゲン撮って、CT撮ったら、股関節の臼蓋に空洞ができててナニコレーみたいな。
ていうか最近のCTてかなりリアルですね。これが私の骨なのか…としみじみ見てしまった。

あと膝とかの痛みはどっちかというと腰の神経痛から来てると言われて、そういえば1月に軽くギックリぽくなったと言ったらそれが引き金だったかもしれないねーと言われました。

考えてみれば転んで怪我してからあまり歩かなくなって体重が増えていて、体もかたくなるし股関節症が悪化する条件がたっぷり揃っていた。

それで神経痛用の漢方薬と痛み止めをたっぷり出してもらって、それからリハビリセンターで、股関節にあまり負担をかけずにできるストレッチと筋トレを指導してもらって、なんとか通常の生活は問題ないかな?という感じになってきました。

食前に牛車腎気丸、夕食後にボルタレンカプセルと胃薬、寝る前に芍薬甘草湯とテルネリン。

股関節症は治るということはもうなくて、悪化し続けたらいつか手術するしかないんですが、その悪化するスピードをなるべく緩くする、そのために体重を落としてストレッチと筋トレを続けることだそうです。

ほんとに本気で体重を落としたいんだけど、今までダイエット気分の時にしていたウォーキングが封じられたので、どうやってダイエットすればいいんだろうなー、
いやもう食べる量を減らすしかないんだけど。

あと今年は2年に一度の市の補助で子宮と乳がん検診が受けられる年だから忘れずに受けに行こう。
posted by すずる at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2018年05月20日

明治150年

京都に行ってきました。
烏丸で降りて昼食の店を物色。あらかじめ目をつけていた店が烏丸通りの北の方なのに、なぜか迷いなく南下してて、結局通りすがりのお店に入りました。

IMG_0431.jpg

焼肉北山ですき焼き定食。ちょっと濃いめだったけど、お肉もおいしいし思ったよりボリュームもありお麩もしみしみでよかったです。また行きたい。

それから地下鉄で移動して国立近代美術館に行きました。
こちらに入るのは初めてで、展示室の入り口がわからなくてちょっとさまよってしまった。エレベータで上って先に常設を見てから「明治150年」展最終日。明治元年が1868年なので、そこから150年ということらしい。
前半は絵画、それから工芸。
近代の画家はあまり知らなかったけど、見ていくとけっこうこれ好きだなーと感じる絵があった。元々応挙とか呉春とか好きだったので、それを受け継ぐ円山派や四条派の絵が良いなと感じるのも自然なことかもしれない。
竹内栖鳳は知っていて好きだったけど、今回特に惹かれたのは菊池芳文の「春の夕・霜の朝」だった。
透明感のある桜の花びら、それから烏の滲む黒に惹かれた。
工芸は京博なんかでも見てるけど、ほんと技術と時間と贅を尽くした品物が並んでて、腹一杯になる。

そのあと細美の喫茶店で休憩して京阪で四条に戻り、歩いて学校歴史博物館へ。「京都画壇の明治」展をやっていて、近代美術館で見た絵が良かったので寄ってみました。
入館料は200円だし常設の一角のコーナー展示程度かな?と思ってたら、別に展示室があって、思ったより全然ボリュームのある展示でした。
ここでは京都画壇のナントカ派ごとに系図があり並べてあったので、誰が誰の師匠で、弟子でというのを意識しながら見ることができた。
幸野楳嶺の弟子の四天王が菊池芳文、谷口香嶠、竹内栖鳳、都路華香ということや、正月に仙人画を見て印象的だった鈴木松年とその父の百年とか。鈴木派の百年の弟子の松年、久保田米僊は最初は百年の画風を受け継いでいたけど次第に個性が出てきたこととか。

こうして1日絵画と工芸品を見て、菊池芳文、岸竹堂、鈴木松年がいいな〜と感じたので、またこの時代の絵画を見る時があったら注目して見てみようと思います。
タグ:京都
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館

2018年05月12日

高槻

高槻市立しろあと歴史館で「樫田 丹波山村と仏像・信仰」展を見てきました。
大阪に引っ越してもあまり歴史も地理も知らないままなので、一応住んでる地域のことを知ろうと地域の企画展は機会があればなるべく行く気でいます。

樫田は高槻市の最北端で、丹波国の亀山藩に属し、明治の町村合併で京都府南桑田郡樫田村となり、昭和33年に府境を越えて高槻市に合併したそう。
地域の集落で守ってきた文化財、平安時代から江戸時代後期と幅広い時代の仏像と、文書資料と、あと年中行事の紹介があって提灯が展示されていた。
毘沙門天の提灯の上部に描かれた百足が可愛い感じだった。

IMG_0411.jpg

巡礼の板碑型町石や道標の拓本があって、巡礼道が通っていたことが分かった。どこからどこに行く途中に通るんだろうな?っていうのがピンと来るように知識を蓄えて自分の地図を埋めていきたい訳です。

高槻といえば、前回来た時は神峯山の企画展で山岳修行の展示を見て、本山寺とか神峯山寺とかは改めて行ってみたいと思いつつなかなか機会がないな。

歴史館を出て昼食を食べる店を探していたら、何人か開店待ちしてたのが気になって、餃子天国で食べました。
餃子が1皿130円だったので、2人で3皿注文。

IMG_0406.jpg

一口サイズで食べやすいしカリッと焼かれててけっこういい。

その後せっかく高槻まで来たので、おいしいパン屋はないかな〜と検索して、ジュエボワットで買い物。
美味しそうなパンが何種類もあるので、ついつい目移りしてしまった。
帰ってパンに合うおかずのレパートリーがあんまりないので、いつものポトフを煮て食べました。

IMG_0408.jpg
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館

2018年05月05日

3、4月に読んだ本

3月、4月に読んだ本は6冊でした。

『MONKEY vol.14』
『丘』 ジャン・ジオノ
『翻訳夜話』 村上春樹、柴田元幸
『不思議の国のアリス』 ルイス・キャロル
『鏡の国のアリス』 ルイス・キャロル
『バッタを倒しにアフリカへ』 前野ウルド浩太郎

『MONKEY』は感想を書いたので、それ以外をちょっとだけ。



『丘』
ヘンリー・ミラーの『わが読書』に載ってたジオノ讃を読んで気になっていた。
フランスの丘っていうかわりと山の上の小さな集落での生活。そこではほとんど自給自足みたいなもので、けれど泉と畑があって1日働いたら夕暮れはテラスに集まって自家製の酒を飲んでまったりおしゃべりするような生活。
それが、寿命が近い老人が倒れた時から自然が別の顔を見せ始める。いわゆる自然が牙をむいてくるというやつ。幻視。
読んでる最中はなかなか文章に慣れなくて、ひっかかりながら読んでたけど、読み終わってどんな物語だったのか、作中で何が起きてたのかを思い返して再構築すると、けっこういい読書体験だった気がする。
むしろ小説よりも詩っぽいのかな、翻訳だと分かりにくいやつかも。




『翻訳夜話』
村上春樹と柴田元幸の翻訳に関する対談は雑誌『MONKEY』に載ったのを何度か読んでたけど、この本は聴衆がそれを学んでる学生などなので、雑誌より具体的というか実践的なやり取りに感じた。
ていうか学生のする質問が知的でレベル高くて驚く。
翻訳だけでなく文章の書き方についても学ぶことが多かったので、ゆっくり消化したい。
もう1冊買ってあるので読むのが楽しみ。




『バッタを倒しにアフリカへ』
なんか面白そうだったので買って読んでみた。フィールドワークする学者の話が好き。モーリタニアの生活や、サハラ砂漠でのフィールドワークの話、それから著者が雇ったドライバーの話が面白かった。
著者も言ってるけどブログみたいな文体でだいぶ読みやすかったけど、研究が結局どうなったのかがはっきり書かれてないので物足りないという気持ちもあった。
何はともあれこの本が売れて著者の研究の足しになっていたらいいと思う。それで次の本が出ればさらに良い。


あと、『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を読みました。ずっとむかし子ども向けの本で読んで以来。
ちくま文庫の柳瀬尚紀訳で。
ちっさな頃はトランプの女王が怖かった記憶しかなかったけど、今回読んだらそういう感じはなかったなあ。女王が出てくる場面もどこかコミカルで、視点がより客観的な感じ。
翻訳の違いなのか自分が大人になったせいなのかは分からないから、また時間があったら今度は角川文庫で読んでみようと思う。
posted by すずる at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ