2017年08月26日

夏休みの終焉と最近の買い物

今年の旦那の夏休みは夢の11連休だった。
ただし今年はホテルに泊まって謎解きをするミステリーナイトというイベントに夫婦で参加しようと早めに決めていたので、夏休み予算の都合上、例年の夏旅行はしないことになった。
それでもどこにも遠出しないのも面白くないので、日帰りでちょこちょこと、加古川に行ったり、京都の下鴨の古本まつりに行ったり、高野山に行ったりした。
東京でのりりんさんに、加古川で川口さんに会って、色々お話して刺激を受けた。やっぱり人に会うのっていいな。
なかなか充実した夏休みになったと思う。

最近買ったもの。

IMG_7541.JPG

誕生日にバッグ。
仕事に使えるカバンを探していて、予算をかなりオーバーしてたけど、この色合いを見てほとんど即決だった。
真面目に働こう…。

夏の始めに無事にボーナスが出たので、なにか生活を改善する物を一つ買ってみようということで、シャワーヘッドを新調してみた。

IMG_7630.JPG

水流の当たり方が細かくて、強さはそれなりにあるのに優しい…ような…不思議な感触。
節水とか効果があるかはわからないが、けっこう気に入っている。

あとは、毎年楽しみにしている京都五条坂の陶器まつりで。

IMG_7726.JPG

丹波篠山の工房のは三色の色合いが、笠間焼はまるで石みたいな風合いが気に入って購入。
行く前はワンプレートで色々盛るのにいい8寸くらいの皿を買おうと思ってたのに、全然違う物を買っていた。
ステンレスの茶こしとお菓子フォークは打った感じが面白いと思って衝動買い。

あとは別の日に行った古本まつりで。
小遣いがあまりなかったので、均一棚ばかり。

IMG_7950.JPG

以前は文庫棚を丁寧に見て、ポケミスとかチェックしてたけど、今年はこんな感じの本のとこばかり見ていて、自分が変化してることをしみじみ感じた。
posted by すずる at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2017年08月24日

播磨のお寺巡り

春に快慶展を見てから、播磨別所の浄土寺で快慶の阿弥陀三尊に会いたい気持ちが高まっていたので、夏休みに関西に来られた白梅軒の川口さんを誘ってレンタカーを借りて兵庫県のお寺巡りをしてきました。

写真が多いので続きに。
続きを読む
posted by すずる at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩

2017年08月09日

日帰り東京

東京で泡坂妻夫展をやってるらしい。
手元には使い道の決まってない18切符1回分。
ちょうど夏休みで帰省していて、静岡県内の実家からなら東京は日帰りで行けないこともない。
色々条件が重なって、行くことにしました日帰り東京。

台風5号が気になりつつも浜松駅6時47分発の熱海行きに乗車。乗った電車はそれほど混んでなく、座って行けたので楽でした。
11時半頃に予定通り東京駅着。山手線で日暮里へ。

IMG_7703.JPG

一度行ってみたいと思っていた谷中の全生庵の幽霊画公開に行きました。
幽霊画っていってもいろんな画題があるなー。
暁斎はちょうどゴールドマンコレクションの幽霊画を見たばっかりで、あのばーん!!って感じの幽霊画に比べるとずいぶんおとなしい。
先に幽霊画があって円朝がそれを収集したっていうよりは、円朝という類稀な人がいて、その怪談噺に惹かれて集まってきた絵なんだなあとかそんなことを考えて見てました。文化的な交流の残滓。
鰭崎英朋があって、さすがの美人。
この名前を見かけると、4年前に金沢の泉鏡花記念館で見た「えいさん こはいものご覧に入れます」とだけ書かれたハガキを思い出す。
外に出て、せっかくなので円朝のお墓に行って手を合わせました。

千駄木駅のとこで見つけて写真を撮る。ここがD坂かー。

IMG_7710.JPG

のりりんさんと合流してお昼を食べて、新御茶ノ水に移動。道案内してもらいました。頼れる。
先に古書店で図録を買って、東京古書会館の2階でやっていた泡坂妻夫展へ。
小学生時代の日記とかあって、この頃から文章も字もしっかりしてるな〜とか、自筆原稿やノートや写真がたくさんあってもう垂涎とか。あと紋章上絵師や手品の資料も。
『しあわせの書』の自筆原稿も、絶筆もあった。
「椛山訪雪図」と「ホロボの神」と創作ノートの表紙に書かれたタイトルに、次々にそれを読んだ時の記憶が蘇ってきて、素晴らしい時間でした。
帰ったら泡坂作品を読み返そうとほくほく思う。
無料の展示に注文つけるのもなんだけど、展示品の一覧が欲しかったなあ。

それから近くにある明治大学博物館の「進化する不可能立体錯視」展へ。近いというのもあったけど、泡坂展のついでに見るのに相応しいと思ったので行ってきた。
これは一体どうなってこうなるのか。

IMG_7711.JPG

映像で見るコーナーが不思議で分かりやすくて良かった。

そのあと喫茶店でおしゃべりして、帰途に着きました。

熱海で途中下車して夕食を取ったら遅くなり、車内は人も少なく静かで、台風はどこにいるのか雨も降らず、そうしていると行き先の知れない電車に乗ってしまったような奇妙な感じがしてくる。
持っていたアンソロジーにたまたま泉鏡花の「外科室」が載ってて、読みながらそういえば今日って鏡花繋がりだったなーと思い返した。
泡坂妻夫は泉鏡花賞を受賞していて、展示品の中に八稜鏡があったことや、昔金沢の近代文学館に行った時にその縁でか泡坂妻夫のトランプがあったことを思い出したり。
そうして「外科室」を読み終える間際。文中に谷中の墓地が出てきて、昼間幽霊画を見た後の、卒塔婆がたくさん立った墓場の光景に戻り、1日が終わる。

posted by すずる at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館

2017年08月06日

長浜と家族旅行と山梨

今年は用事があってちょくちょく実家に帰ってます。父が仕事関係で表彰されたので授与式(?)に家族総出で行く運転手したり、働きつつお盆の手伝いしたり。
それで今度は、毎年恒例の家族旅行のために帰省しました。
今回は18切符を利用して長浜に立ち寄りました。

IMG_7661.JPG

長浜城歴史博物館の2Fで企画展「相応と良源 湖北の天台文化」。
行ってみたら天守閣みたいなのが見えてきて、博物館どこだろう?と思ったらここの中が博物館でした。
比叡山の相応と良源、どちらも長浜出身なんだそうです。文献や絵画資料、仏像も少し。点数は決して多くはないですが、パネルがわかりやすくいい展示でした。
特に降魔大師坐像と神猿像が見られたのが良かった。

展示を一回りしたあと、展望台へ。琵琶湖に面していて、竹生島見えるなーとか、伊吹山でっかく見えるなーとか。

IMG_7663.JPG

暑かったので他には寄らずまっすぐ実家に帰りました。

夏の家族旅行はここ数年同じ所に行ってます。
東名富士川SAでお昼に桜えびのかき揚げ蕎麦食べて、道の駅朝霧高原で一休みして、山梨の石和温泉に宿泊。
今年は母が山梨県立美術館に行きたいというので、コレクション展を見てきました。
ミレーのコレクションで有名なんだそう。
羊飼いの絵と鶏に餌をやる絵が好き。
常設の後半はなぞなぞで現代アートの見方をマテリアルとか技法に注目させる展示が導入として面白いなーと思いました。
茅野恒雄の漆を使った作品が良かった。

夜は常宿で赤白ワインをちょっとずつ飲み、ご馳走と温泉三昧。

IMG_7676.JPG

翌日はチェックアウトぎりぎりまでまったりして、道の駅に寄って野菜なんかを物色しつつ富士川沿いに南下して帰宅しました。
posted by すずる at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館

2017年08月02日

大坂市内の非公開文化財特別公開

大阪市域には、神仏習合の影響下で造られた、構図や像容がとてもめずらしい仏画や仏像が伝来しているんだそうです。
時代が下って儀軌に縛られてない自由な像容、というか魔改造というか……。
廃仏毀釈を乗り越えて大切に平成の今まで残されているという点でとても価値があるし、なんというか市井の人々に信仰されたリアリティがあると感じます。今よりもっと神仏が身近だった時代の。
それで、大阪市のあちこちで特別展示があったので行ってきました。

まずは1つめ、辰野ひらのまちギャラリーでの「神仏習合とその美術」展。
三宝荒神画像がたくさん。1枚めの青蓮寺のものから、八面八臂でそれぞれに三目の忿怒相。脇は鬼?で、手に持ってるのは……打ち出の小槌と、なんか竜の頭がちょろちょろっと3つ生えてる、なんやろこれ?(解説書には宝冠となっていた)
次のは同じ青蓮寺の三宝荒神だけど、今度はお供がわらわら8人もいて、キツネ?猿?烏天狗?とか、どこからどこまでもこんなん見たことないという像容揃い。
あとは青面金剛とか、善女竜王とか、歓喜天、閻魔天、牛頭天王など。
濃ゆいなあ、と思いつつ資料を購入。

2つめは阿倍野区松虫通の正圓寺仏像群公開。

IMG_7554.jpg

3日間の公開で、日曜日に行ったらけっこうな人出で時折電気が落ちつつ汗だくになりながら不動堂、聖天堂、釈迦堂、大師堂と拝観してきました。
そういや聖天さんにお参りするのは初めてだった。生駒もまだ行ったこと無い。
三頭三面十臂の蛇頭人身の木造天川弁財天曼荼羅は見たらたまげる。荼吉尼天とか歓喜天とか木造九曜星像とか盛りだくさんだった。
大元帥明王立像がとても好みだった。
釈迦堂の内陣は釈迦如来坐像と十六善神、深沙大将、玄奘三蔵の立体曼荼羅になっていた。薄暗くてあまりよく見えなかったのが少し残念。こういう時に単眼鏡があったらいいのかなー。

第3回は住吉の東大寺。住吉東駅から歩いていきました。

IMG_7648.jpg

鳥居に多聞天の扁額、その奥に山門、短い階段の上に狛犬……

IMG_7651.jpg IMG_7652.jpg

犬?
こちらは住吉大社の神宮寺の毘沙門堂の法灯を継いでいるそうで、本尊は毘沙門天。
内陣の左手にある荼吉尼天と右手の准胝仏母を拝観しました。
荼吉尼天は八臂で頭上に化仏が5? 宇賀神はちゃんと確認できなかった。持物は独鈷杵1つだけ残っていた。
狐に両足を降ろしてまたがっている以外は普通の菩薩像という感じ。狐は玉眼で口の中に宝珠。
准胝仏母は観音じゃなく女神の衣。截金が残っていてゴージャス。

もらった資料に近くで公開されていると紹介されてたので、その後で宝泉寺の十三仏

IMG_7653.jpg

こちらはひとつの石からまるっと十三体の仏像を彫り出したものらしい。

それから北西に歩いていって、生根神社にお参りして、六道の辻にある閻魔地蔵にお参り。

IMG_7655.jpg

中は提灯でいっぱい。閻魔様をお地蔵さんとしてお祀りしているらしい。奥には豊川とかのお稲荷さんが3つありました。

あちこち歩いて少しは仏像を見ている気でいましたが、こんな像容があるんだなーという発見でいっぱいの体験でした。地域の文化財の調査が進むのはいいことなので、これからも継続していってほしいです。
次回は10月らしいので、また都合をつけて行きたいと思います。
posted by すずる at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館