2017年07月03日

4〜6月に読んだ本

毎年7月に入るたびに、なんもしてないのに今年も半分過ぎてしまったっていう焦燥感があって今年も例外ではない。ほんと何をしてたんだろ。

4月から6月の間に読んだ本は8冊でした。読んだ順に

『百匹の踊る猫』 浅暮三文
『たべるのがおそい vol.2』
『完本酔郷譚』 倉橋由美子
『MONKEYvol.11 ともだちがいない!』
『TOUR1989』 中島京子
『夜の夢見の川』 アンソロジー
『停電の夜に』 ジュンパ・ラヒリ
『針がとぶ』 吉田篤弘

以下は印象に残った本のことをちょっとずつ。


『たべるのがおそい vol.2』

この特集の石川美南と宮内悠介の共作というのに興味を持って買った。印象的な、イメージの喚起力が強い歌とそれにまつわる異国の物語、とても良かった。
あと森見登美彦の短編が良かった。贅沢いうようだけどこういうのを定期的に読みたい。巻頭の金原瑞人を読んだら紹介されてた短歌を読みたくなった。
ムックだと知らない作家さんも読めるからけっこういいな。


『完本酔郷譚』 倉橋由美子

美青年がお酒を飲んで異郷に遊ぶ話、屏風絵の世界に入っていくような。味読に足りる文章で1編ごとにお腹いっぱいになるので少しずつ楽しんで読んだ。
お酒と共に女性が出てきてまあ必ずそういうことになるんだけど、エロいのかな、エロくないのかな、よくわからないあんまり経験ない読み心地。
しかし慧君の取り返しのつかない毒でもひとまず味わってみる姿勢には恐れ入る。


『MONKEYvol.11 ともだちがいない!』

巻頭は谷川俊太郎。ともだちがいない、いらない、亡い、ちっちゃい子から若い子から年寄りまで、性別年齢様々。ひとつひとつはさらっと読んでしまう断片だけど、読んでて気づくと猛烈に自分のことを考え語り出したくなっている。今まで、現在、これから。そういうふうに動かされる力がある言葉。
エミリー・ミッチェルの短編2つが特によかった。SFのショートショートみたいな着想が、こまやかなディテールの描写ですんなりリアリティをもって頭に入ってくる。むちゃくちゃうまい。
ラストが登場人物にとってハッピーエンドなのかバッドエンドなのか迷ってしまうような、なんか読み手の価値観が試される。
あとウィリアム・バロウズの「ジャンキーのクリスマス」も好き。


『停電の夜に』ジュンパ・ラヒリ

短編集。毎日決まった時間、夕食時にくる計画停電。すれ違いの多くなった夫婦がろうそくを点し、ひとつずつ秘密を告白し合う表題作。どう転ぶんだろうっていう先の読めない話の筋にも引っ張られるんだけど、描写の細やかさがなんといってもすごい。起きた出来事を外側から見たら、あー倦怠期ね、はいはいって簡単にラベリングしちゃうようなもんだけど、ラベリングしちゃうことでずいぶん繊細な機微を見逃してるんだと思わされた。
作者はインド系アメリカ人ってことで、アメリカにいるインド人、インド系の二世なんかの描写も面白かった。
どれが好みかなあと思うとまあ「三度目で最後の大陸」ってことになるかもしれないけど、登場人物に同調できない、感情移入しづらい話も普通だったらあまり好きじゃないってなるけどこの作者の短編だとなんか読まされるし、どれも粒ぞろい。


『針がとぶ』 吉田篤弘

短編集。今はもういない詩人の記憶を守る姪の話から始まって、なんとなしに読んでいたら、だんだんと引っかかりを覚えてきて、短編同士がどこかで繋がってる確信を持ってからは俄然引き込まれて面白く読んだ。
解説で小川洋子さんがあそこって書いてたけど、私は断然「路地裏の猿」のあの部分だなあ、と人によってそれぞれ刺さる場所が違うのがいい。
作中に出てくるなんでもあるような品数の多い雑貨屋さんで目に留まるものが人によってそれぞれ違うように。
短編として1つ選ぶなら、画家が辺鄙な半島の村でなんでも扱ってる雑貨屋と出会う「パスパルトゥ」が好き。
posted by すずる at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ