2017年08月02日

大坂市内の非公開文化財特別公開

大阪市域には、神仏習合の影響下で造られた、構図や像容がとてもめずらしい仏画や仏像が伝来しているんだそうです。
時代が下って儀軌に縛られてない自由な像容、というか魔改造というか……。
廃仏毀釈を乗り越えて大切に平成の今まで残されているという点でとても価値があるし、なんというか市井の人々に信仰されたリアリティがあると感じます。今よりもっと神仏が身近だった時代の。
それで、大阪市のあちこちで特別展示があったので行ってきました。

まずは1つめ、辰野ひらのまちギャラリーでの「神仏習合とその美術」展。
三宝荒神画像がたくさん。1枚めの青蓮寺のものから、八面八臂でそれぞれに三目の忿怒相。脇は鬼?で、手に持ってるのは……打ち出の小槌と、なんか竜の頭がちょろちょろっと3つ生えてる、なんやろこれ?(解説書には宝冠となっていた)
次のは同じ青蓮寺の三宝荒神だけど、今度はお供がわらわら8人もいて、キツネ?猿?烏天狗?とか、どこからどこまでもこんなん見たことないという像容揃い。
あとは青面金剛とか、善女竜王とか、歓喜天、閻魔天、牛頭天王など。
濃ゆいなあ、と思いつつ資料を購入。

2つめは阿倍野区松虫通の正圓寺仏像群公開。

IMG_7554.jpg

3日間の公開で、日曜日に行ったらけっこうな人出で時折電気が落ちつつ汗だくになりながら不動堂、聖天堂、釈迦堂、大師堂と拝観してきました。
そういや聖天さんにお参りするのは初めてだった。生駒もまだ行ったこと無い。
三頭三面十臂の蛇頭人身の木造天川弁財天曼荼羅は見たらたまげる。荼吉尼天とか歓喜天とか木造九曜星像とか盛りだくさんだった。
大元帥明王立像がとても好みだった。
釈迦堂の内陣は釈迦如来坐像と十六善神、深沙大将、玄奘三蔵の立体曼荼羅になっていた。薄暗くてあまりよく見えなかったのが少し残念。こういう時に単眼鏡があったらいいのかなー。

第3回は住吉の東大寺。住吉東駅から歩いていきました。

IMG_7648.jpg

鳥居に多聞天の扁額、その奥に山門、短い階段の上に狛犬……

IMG_7651.jpg IMG_7652.jpg

犬?
こちらは住吉大社の神宮寺の毘沙門堂の法灯を継いでいるそうで、本尊は毘沙門天。
内陣の左手にある荼吉尼天と右手の准胝仏母を拝観しました。
荼吉尼天は八臂で頭上に化仏が5? 宇賀神はちゃんと確認できなかった。持物は独鈷杵1つだけ残っていた。
狐に両足を降ろしてまたがっている以外は普通の菩薩像という感じ。狐は玉眼で口の中に宝珠。
准胝仏母は観音じゃなく女神の衣。截金が残っていてゴージャス。

もらった資料に近くで公開されていると紹介されてたので、その後で宝泉寺の十三仏

IMG_7653.jpg

こちらはひとつの石からまるっと十三体の仏像を彫り出したものらしい。

それから北西に歩いていって、生根神社にお参りして、六道の辻にある閻魔地蔵にお参り。

IMG_7655.jpg

中は提灯でいっぱい。閻魔様をお地蔵さんとしてお祀りしているらしい。奥には豊川とかのお稲荷さんが3つありました。

あちこち歩いて少しは仏像を見ている気でいましたが、こんな像容があるんだなーという発見でいっぱいの体験でした。地域の文化財の調査が進むのはいいことなので、これからも継続していってほしいです。
次回は10月らしいので、また都合をつけて行きたいと思います。
posted by すずる at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館