2016年12月19日

昔話

自分語りをするとドーパミンが出るとこの前見かけたけど、頷ける。ブログにだらだら昔話を書くだけで快楽物質が出てくるんだからこれほど安上がりなことはないよなー。

ちょっとマニアックな趣味に目覚めた時に、ネットがあったかどうかってけっこう大きな意識の差に繋がってるかもなーと今日はそんなことを考えていた。

最初にオタク的なものに触れたのは小学生の時で、友達に連れられて古本屋さんに行ったら、中古の同人誌が棚の1段分くらい、1冊50円とか100円とかで置かれていた。
私の家は基本的に漫画アニメ禁止の家だったので(ドラえもんのみ許可)、見てない聖闘士星矢のいきなり同人誌を読んじゃうという倒錯した出会い方をしてしまったわけだけど、近所のお姉さんとかお兄さんとかに色々教えてもらうっていう流れがまずあって、そこからだんだんその手の趣味の雑誌があるとか、市内でも小さな同人誌即売会があるらしいとか知って、自分から手を広げていったのだった。

ネットがないと、対価を払わずに誰かの二次創作を見るってことがまずありえなかった。(身近な仲の良いオタク友達とやり取りするのを除いて)
雑誌の投稿欄とか、商品として売られてるアンソロジーコミックとか、即売会で同人誌を買うしかない。
地方都市の中学生の手が届く範囲のものが全てで、今みたいに特定のジャンルにはまるというよりは、手に入る範囲のジャンルを手当たり次第に読むって感じだった。
わりとみんなよろずジャンルが普通だったというか、よろずっていうのはもう死語だろうか?

ネットのない頃、最も重要な情報源は雑誌だった。そこにだいたいお友達募集のコーナーがあって、趣味、今で言うジャンルが合いそうな相手を見つけて文通。
便箋にびっしりお手紙を書いて投函したらお返事が来るのが待ち遠しくて、毎日学校から帰ってきてポストを覗くのが楽しみだった。
文通、交換日記、リレー小説、あの頃のオタク同士のやり取りって今思うとのんきな速度で、でも濃密でもあった。

ミステリにはまったときはもうネットがあったので、掲示板経由でたくさんの人と出会って、夜を徹してチャットでおしゃべりして、ほんと時間を蕩尽してきたと思う。
今現在やり取りしてる友達はもう、学校や職場で出会った人よりネットで出会った人の方が多い。
ネットがあるなしでいうとあった方が趣味の仲間と出会うという点では絶対いい。

落ちは特に無い。今はなんかしら気になるタイトルがあればまず検索、pixivで探してtwitterで検索して…でたくさんの情報が見られるけど、さらっと消費するだけであまり熱を持ってどうこうっていうのは減ってしまった。
SNSではすぐに誰かとやり取りができる。仲間と出会うこと、リアルタイムで本当に好きなもののことを話すことの楽しさもたっぷり知ってるけど、誰かのレスポンスを待っている間に、どんな返事が来るだろうと想像したり、今度はこんなことを書こうとあれこれ考えて練り込んでいく時間も良かったなーという話。

本当に欲しいものは自分で作るしかないという原則だけは変わらない。
posted by すずる at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178098463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック