2016年12月26日

ダ・ヴィンチとかこのマンとか

年末になるとランキング本が出てくるので、なんとなく気にしている。
「趣味は?」と聞かれたら読書と答える人生を送っているが、年々意欲が、読む数も読書に費やす時間も減ってきて、10代20代のむちゃくちゃ読んでた貯金を食いつぶすばかりで、ここ数年の話題作とか全く知らないし分かってない。
これじゃいけないと、今年は久しぶりにダ・ヴィンチのブックオブザイヤー特集号を買ってみた。

あ、違った。

今年、石黒正数の『それでも町は廻っている』が完結した。
アワーズで連載を読んでいて、これはというエピソードが続いたのに最終回が近いことに気付いてなく、「次号最終回」で「えええまさかの展開?」となり、それから「これが最終回??」となり、過去の巻を読み返して「おおおーーーー!!!」と…最終巻出たら、じっくり全巻を読み返そうと思う。
それはそれとして、石黒正数の2P漫画が載るって知って買ったん。ダ・ヴィンチ。

ランキングも参考にしたけど、あと米澤穂信の古典部シリーズ最新刊のインタビューがあって、それがよかったのと、穂村弘の「短歌ください」が傑作だらけでたまげた。

雑誌『ブルータス』も、12月は読書特集なのでその時だけ買って読んでいる。
今年はテーマが「危険な読書」で、最初から荒俣宏さんの対談とか嬉しい。
両方とも読みたい本をメモしたので、おいおい読んでいきたい。

あと今年は久しぶりに『このマンガがすごい!』も買ってみた。
ランキングはあまり相性が合わないというか、「こんなマンガを知ってて評価してる俺って分かってるでしょ?」オーラがなんか…こう…あるよね。
売れてるマンガのタイトルは目に入って来やすいから、まあそういう話が聞きたいのではある。
「これが人気あります」よりも、「自分が読んだ中でこれが今年面白かったよ」っていろんな人のが聞けるのがいいみたいな。

で、ランクインした作品が載ってる雑誌トップ20というのがあって、それを見れば注目されてる雑誌がわかるなーと見てみると、

月刊フラワーズ
Kiss
別冊マーガレット
週刊少年ジャンプ
少年ジャンプ+
フィール・ヤング
月刊コミックZERO-SUM
モーニング
月刊アクション
月刊ヤングマガジン
ITAN
ハルタ
月刊アフタヌーン
週刊ヤングマガジン
トーチ web
デザート
月刊!スピリッツ
週刊ヤングジャンプ
ビッグコミックスペリオール
プチコミック

で、ジャンプしか読んでなかった。それはランキングが見たことない作品だらけなわけだ。
それからwebコミックが強かったというのが書いてあったけど、ネット広告でかなり見かけたタイトルが入っていたので、やっぱ広告の効果があったということなのかなー。

マンガってどのくらい読んでるかな?と今年は数えてみたら、だいたい月10冊+週刊誌2冊、月刊誌3冊で、もうちょっと読んでもいいなと思うので、じわじわ好みに合いそうな雑誌を見つけていきたい。

今年読んで面白かった本とマンガの話は年明けにします。
posted by すずる at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178174524
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック