2016年12月31日

暮れました

クリスマスから大晦日は毎年特別な週という感じがしているけれど、今年は特に忙しかった。

今年は同級生が病死した。
と言っても向こうはクラスの中心人物、こちらはコミュ障のオタクだったので接点もなく、卒業以来顔を見たこともなかったが、同い年の死は心をざわつかせるのか、何人かと連絡をやり取りした。
いろいろな考え方が少し変わるきっかけになったと思う。

今年はなんだか…一生続く2つの劣等感と付き合いあぐねた1年で、自分の性格のうちでも最もネガティヴな面が前面に出て、小さな物音に過敏に反応してしまうような、いつか自分は一人ぼっちになるのだと諦観して心構えしているような年だった。
こういう考えは私を救わないし、そばにいる人も、そばにいてくれようとした人も幸福にはしない。
わかっているのに消極的な態度が改められなかった。

2011年に、とある人が「機嫌がいいというのはかけがえのない資質だ」と書いてるのを読んで、なるほどそういう人物は好ましいと思い、自分もそうあれば望ましいと思っていた。
どの程度できているかは自分ではわからないが、自分の年齢にプラス5歳したくらいの、理想の人物像を思い浮かべたとして、積極的ににそれに自分を寄せていくような、そういう心がけをしていきたいと思った。この年末に。
posted by すずる at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178236707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック