2017年02月05日

1月に読んだ本

1月に読んだ本は5冊でした。

『冬の夜ひとりの旅人が』



大晦日から新年にかけて読んでいた。
イタロ・カルヴィーノの新刊冬の夜ひとりの旅人がは、結局読めなかった。いや読んだのか。
私はあなたであり、男性で、女性で、読者で、作者で、読んでたと思ったら自分が読まれていて、と思ったら書かれていた。
小説を読みかけては続きの気になるところで行く先をなくしてしまう、たぶんこういう実験的な作品が好きなんだろう、これはまさに私みたいなのが好きなやつだと思いつつも、読んでいる間は大変にもどかしい本だった。

『二人のウィリング』



シリーズ探偵役のウィリングがタバコ屋で男と出会うところから、最初の死体までの導入がめっちゃ面白い。
中盤は発端と比べると読んでてあまり起伏がないように感じたけど、真相が分かってみると世界が一変して、何げない描写だったのが、読み返したら全然違う感想になりそうと感じた。再読したときにより楽しめそう。


『舟を編む』



映画で見た『まほろ駅前〜』で気になってた三浦しをんをやっと初読み。
雲田はる子の漫画化が始まったので、それを読む前に原作を読んでおこうと思って。
で、すごく良かった。ちょうどOEDを作った人たちの話を読んだばかりというのもあるけど、辞書作りの世界にすんなり入れた。
特に西岡さん視点のところが良くて、時間もコストもかかる大きなプロジェクトとそれを達成するためにいるような人たち、辞書に名前を残す人たちを、自分とは違う、けれどと思いながら周辺から見ている人物。

『漱石入門』



今年は漱石生誕150周年なんだそう。グラフロの紀伊国屋に行ったら漱石特集のコーナーがあって、そこでふらっと買ってみた。
この著者の本を読むのは2冊目だけど、初心者向きに紹介してくれる単なる入門書じゃない。もっと読み方そのものが変わってしまうような、こんな深い読み方ができるんだって目からウロコがぽろぽろ落ちるような読書体験を与えてくれる。
なんかもうちょっと違うふさわしいタイトルがあると思うんだけど…。
「文化記号は、小説を風化させる作用と小説を生かし続ける作用の両面を持つ」
書かれた時代と背景を知ると、自分の中に作品を読む新しい視点が持てるということ。
ならば、文化記号を理解するに越したことはない、うん。
特に明治の家族制度のところが面白かった。

あと西澤保彦の『悪魔を憐れむ』読みました。タックシリーズ久しぶりすぎた。
posted by すずる at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178671087
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック