2017年03月05日

2月に読んだ本

2月に読んだ本は5冊でした。



初川端康成。『掌の小説』を買っておいたと思ったのに見当たらなくて、そういえば文豪怪談持ってたなーと思い出してこっちを探し出した。
しみじみと胸を打たれるような文章があちこちにあって、あーなんかもっと早く出会って読んでいればよかったと思った。高校生の頃とか絶対好きだったこんなの。
少女の頃に読んでおいて、血肉にして、これが思考や文章やなんやかんやのベースになってればよかった。
好きな短編がいろいろある、「白い満月」、「不死」、「地獄」、「離合」が好きだなー。
「薔薇の幽霊」は、自分がいつか百合アンソロを編む時が来たら入れる。



紀伊国屋に行った時にアメトークの読書芸人コーナーがあって、そこに2号が置いてあったので気になったムック。まだ2号までしか出てないなら余裕で追いつけるだろうと思って1号から買ってみた。
円城塔「バベル・タワー」、イ・シンジョ「コーリング・ユー」、西崎憲「日本のランチあるいは田舎の魔女」が面白かった。短歌はあまりわかんなかった。



柴田元幸と高橋源一郎の対談で、ブコウスキーは友達がいないからスラングがないっていうくだりがとても印象に残ってて、柴田元幸訳のちくま文庫版が出たので買って読んでみた。
私立探偵ものの体裁なので、あまりにもあれな探偵にだいじょうぶかなこの人とハラハラしながら読んでしまってあとでぽかーんとしたけど、読んだ後に残るのはたしかに孤独。



最近けっこう面白い変な本を訳してる翻訳者さんがいるらしいと聞いて、気になってた方の本。
なんか文学論みたいな本なのかなーと思ったら、もっとエッセイっぽかった。案外ふわふわしている。



小説は実は1冊も読んだことないんだけど、エッセイとか翻訳は何冊か読んでます。彼が何かについて語るのを読むのが好き。
で、どこかで文章のうまい作家の話をしていて、くわしくはこの本に書いてあるっていうので買ってみた。
私は本は読むんだけど、文章がうまいということがよく分からなくて、読みやすいかどうかくらいしかないし、例えば名文家とか言われてもあんまり思い浮かばない。で、作家がうまい文章っていうのはどんな文章だろうって興味を持ったのでした。
取り上げられてる作家は吉行淳之介、小島信夫、安岡章太郎、庄野潤三、丸谷才一、長谷川四郎。この中では吉行と丸谷しか読んだことない。
彼の書き手としての読み方が出ていて、短編の構造、文章、特にそれを彫琢すること、それから系統立てた読書によって作家がどこから来て、どこへいくのか。
これだけ丁寧に短編を解体しながら、なおかつ興味をそそる、読んでみたくなる語り方ができるっていうのがすごいと思います。

結局文章がうまいということはよく分からなかった。プロの作家なら文章をうまく書くというのは当たり前のことで、むしろそうでない部分に著者は惹きつけられているみたい。
posted by すずる at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178997847
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック