2011年08月28日

その町

RIMG0051.jpg

その町は、かつて炭鉱で栄えた町なのだと聞いた。
電車で向かう途中、遮光ガラスの窓から見た空の色のせいか、滞在中ずっとぐずぐずしていた天気のせいか、どうも「色のない町」という印象が消えない。

最も驚いたのは、教えてもらうまでは全く意識していなかったあの山が、ボタ山だということ。
石炭を採掘する際に発生する、捨石の山なのだ。
今ではすっかり緑に覆われているアレが。
それを知ってしまうと、目が離せなくなる。

RIMG0057.jpg

駅に着いた時の空気は快く、むしろ住みやすそうな町だと思ったけれど、滞在の最後まで色はないまま、現実味のないままだった。
 
posted by すずる at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47603334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック