2013年10月14日

最近買った本、と読んだ漫画

柴田元幸責任編集の文芸雑誌、『MONKEY』が創刊なのですよ!
『モンキービジネス』の最終号が出てから2年、復活を待ってましたぜ……というわけで発売日の次の週末に梅田の本屋を探しまわったんですが、置いてない。
茶屋町丸ジュン→阪急紀伊国屋→東梅田ブック1st→アバンザジュンクとまわって見つからなくて、アバンザで店員さんに聞いたら、3冊入荷で品切れ、天満橋に2冊あるよーということで、ネットで買おうかとも思ったんですが、結局天満橋まで行って買いました。



ついでに買った本
『アメリカン・マスターピース 古典篇』 柴田元幸翻訳叢書 スイッチ・パブリッシング
『ギリシャ棺の秘密』 エラリイ・クイーン 角川文庫
『パラークシの記憶』 マイクル・コーニイ 河出文庫
『モーパッサン短編集1』 モーパッサン 新潮文庫
『幻視の系譜』 東雅夫編 ちくま文庫
『ピサへの道』 イサク・ディネセン 白水社Uブックス
『日本SF短篇50 X』 日本SF作家クラブ ハヤカワ文庫

柴田元幸翻訳叢書は『火を熾す』だけ買いそびれてるからいつか買わねばなー。

で、3連休の1日はツレが休出で、1日は京都に遊びに行って、もう1日は2人で漫画喫茶に3時間……読んでみたい漫画が微妙にたまってたので色々読んでみようと思って、ツレはひたすら『宇宙兄弟』を、私は途中まで買ってた『ピアノの森』の続きと『昭和元禄落語心中』1巻と『大奥』をお試しに。
人気あるし、多分面白いだろうなーと思ってたら、やっぱり普通に面白かったです。落語心中の続きは帰りに買った。

あと最近読んだ漫画といえば、『放課後さいころ倶楽部』、面白かったです。女子高生3人が中心でアナログゲームで遊ぶ話なんですが、普段のキャラクタと、ゲームをプレイすることで新しく出てくるゲーム人格っていうか個性が、ギャップがあったりやっぱりねって感じだったり魅力的で楽しく読みました。

それから、よく寄る本屋で平積みになってたのでずっと気になってた『富士山さんは思春期』。
中学2年生、身長181cmの女子と160cmの男子。1話目でもう「俺たち付き合わね?」ってなって「いいよ」ってなるんですが、そこからがあまずっぱーーーい! 読んでるとどんどん心が中学生男子になってくる。つまり富士山さんが可愛くて可愛くてたまんない。おっぱい揉みたい。

 
 
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78781464
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック