2017年01月15日

2016年に読んだ漫画メモ

2016年に読んだ漫画は137冊でした。
再読(SPRIGANとARMS一気読みしたり)を入れるともうちょっと。
雑誌は相変わらず、週刊でジャンプとサンデー、月刊はウルトラジャンプ、アワーズ、ゲッサンを購読しています。

前半の読んだ漫画まとめはここに(2016年上半期に読んだ漫画
2016年は継続して読んでた漫画がいろいろと完結した年で、こち亀もですけど、個人的に思い入れのあるのは特にGガン!



アニメで描かれたシーンの意味、伝えたい思いを考え抜いた上で、そこに作者のカラーが加わった、最強に熱い、愛のある、理想的な漫画化でした。

しかし完結記念対談が雑誌に載ったのでそのために買って読んだら、その次の号に対談完全版を載せたという商売のやり方には、いい対談だっただけに納得できない。なぜコミックス最終巻に収録しなかった…。

それから『昭和元禄落語心中』



話芸を漫画で描く表現が、すごい高みに達しちゃったと思います。
表情と間で表現される緊張と弛緩。
描かれてないところにある関係を想像させる余地。凄い漫画でした。

あと『ナナとカオル』



エロさについてたくさんのものを受け取ったし、考えさせられたし、影響を受けた漫画でした。
ガチセックスより初期のぎこちないソフトSMの方がエロいとか、すごいエロいことしてるのに純愛とかそういう捻れた良さ。
ブラックレーベルという本編の後日譚が先に完結しちゃったせいか、終盤の展開はちょっと興味を保てなかったですが、2人にはハッピーエンドがよく似合う。

あとは新しく読んだ漫画としては、『ナナマルサンバツ』を最初から一気に読みました。



クイズ界熱い。
ニューヨークに行けなかったロストジェネレーションなので、そういう世代間の繋がりがフォローされてるのも面白かったです。
高校生クイズっぽいのの予選が始まったところで、この先も楽しみ。宮浦推しです。

好きな漫画をもうすこし。

『うちのクラスの女子がヤバい』



前半日記にも書いたけど、その後出た2巻もとても面白かったです。本好きのギャルの子の話は久々にきゅんきゅんきました。
同じクラスが舞台のオムニバスで、背景の描き込みとか、背景で別の物語が進行してる感じ、世界観が出来上がってる感じが好きなんです。

世界観といえば、『マーチャンダイス』もけっこう好き。



火星にあるシェアハウスが舞台。癖のある人物揃いで、みんなが好き勝手に行動してて、でもどこかで関係が繋がってるっていう設定も話も絵もすごくツボ。
博士とその命を狙う忍者の話がいまんとこ個人的ベスト。

『恋は光』



恋=発光という設定がまずあって、理屈っぽい主人公とそれを取り巻く3人の女の子の恋模様がじっくり描かれる漫画で、って言っても全然ハーレムっぽくなくて、恋とか友情とか感情に丁寧に向き合うようになっていく描写にとても好感を持ちます。
雑誌で読んでるんですが、直近の展開にすごく燃えました。

読んでる範囲内で2016年に新しく連載が始まって楽しみにしてる漫画。

『海王ダンテ』



大航海時代で魔人でスチームパンクとか好きな要素しかない

『約束のネバーランド』



シスターの愛に包まれた平和な孤児院が、実際は人外の生き物に子どもを出荷する牧場だったところからの、脱出ゲーム。いや脱出ゲームになるかわかんないけど、頭脳戦と心理的駆け引きに期待。

『MASTERグレープ』
今どきっぽい要領のいい格ゲーマスターな男の子と、武術家の祖父に育てられたちょっとずれてるけどすごい格闘スキル持ちの男の子の出会いから始まる話。
まだ3話しか読んでないけど、異種格闘技っていうか違う武器同士の対決で、思ってもみない動きの技が出てくるのが新鮮で気持ちいい。
面白くなりそうで期待。

あとは勧めてもらったのと気になる漫画メモ
『彼方のアストラ』篠原健太
『おとむらいさん』大谷紀子
『淋しいのはアンタだけじゃない』吉本浩二
『推しが武道館いってくれたら死ぬ』 平尾アウリ
『フルーツ宅配便』鈴木良雄
『アンの世界地図』 吟鳥子
『なんてことないふつうの夜に』 嶽まいこ
『ホーリータウン』 宮崎夏次系
『九月十月』島田虎之介
posted by すずる at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2016年07月07日

2016年上半期に読んだ漫画

漫画ってどのくらい読んでるのかなーと、今年はメモをつけてました。
今年前半に読んだ漫画はコミックスで60冊、雑誌は週刊ジャンプとサンデー、ウルトラジャンプ、アワーズを購読してます。ゲッサンも買い始めたけど微妙に読んでない。
冊数でみると、思ったより読んでなかったなーという印象。

それでは、印象に残った漫画のことを以下だらだらと。


『宝石の国』市川春子

何の気なしに1巻を読んで、あまりに惹かれたので一気に5巻まで買いました。漫画は電子書籍で買うことが増えてきましたが、久々の紙で所持したい作品。
性別不詳な宝石たちの、戦いも悩みも残酷な破壊もどこか生々しさがなくて、美しい。それでいて切実さが迫ってくる。ほんと好き。


『聖船のラー』繭住翔太

エジプト神ギャグ。じわじわくる。


『吸血鬼すぐ死ぬ』盆ノ木至

ヘタすると1ページで3回くらい死んでる吸血鬼と吸血鬼ハンターのギャグ漫画。
吸血鬼ハンターの残念イケメンと、吸血鬼に忠実なペットのアルマジロの愛らしさがたまらない。

それから今年上半期は読んでた漫画が何作か完結しました。『僕だけがいない街』とか。


『富士山さんは思春期』オジロマコト

中学生くらいだと女子の方が男子より断然大人びてるけど、富士山さんはボディはすごいのに内面はちょっと幼なめで、部活に一生懸命な女の子で、ほんと……絶妙に可愛かった……。カンバがちっちゃくて男気あるのもいいんよね。
毎巻きゅんきゅんさせてもらいました。


『PEACE MAKER』皆川亮二

コミックス最終17巻は7月発売だけど、雑誌で最終回を読んだので。
勝敗が生死に直結するシビアな世界観と、そんな世界なのになんか飄々とした登場人物のやりとりが好き。
絵で描かれる戦い、アクションの表現はもう洗練の極み。かっこいいとはこういうことだ!!1みたいな。
ピスメは終わってしまったけど新連載の海王ダンテが始まったし、7月からD-LIVEの文庫版が出るので楽しみ。




『スピリットサークル』『戦国妖狐』水上悟志

水上さんの連載2作が両方とも完結。戦国妖狐の最終巻なんて、この横顔だけでなんか感極まりそうになるもんね。いい表紙。
登場人物がけっこう苛酷な目に合ってるんだけど、ユーモアもけっこう紛れ込んでるので、どっちも読み心地は重くない。
スピサーは初恋の女の子と輪廻しながら7生に渡って殺し合うという非常に好みな殺伐。登場人物がどこかしらで繋がっているのが分かっていくのがほんとよかった。鉱子ちゃんかわいすぎる。
戦国妖狐は1部と2部でかなり印象が変わって、主人公が交代してから断然面白くなった。
足利義輝、ムド、他にも魅力的な登場人物が出てきて、なんかこー、主人公も成長するんだけど、脇も主人公を食わんばかりに成長するのがいい。しんすけとか。


『野田ともうします。』柘植文

女子大生が主人公のギャグ漫画……って全然野田さんの紹介にならない。伝えづらい。野田さんは感染力が強い。そしてなんかわからんけどここは居心地がいい。
最終回はカオスで良かった。
地味に私の中で漫画の実写化が良かった作品ナンバー1っす。

実写化が良かった漫画といえば、野田さん、変態仮面、アオイホノオとか思いつくけど、今年ドラマ化した『重版出来』もすごくよかった。(原作は2巻までしか読んでなかったんですが)
役者さんがみんな良くて、久しぶりに毎週ドラマを見ました。イタイイタイ言いながら。
オダジョーの五百旗頭さん最高。


『紺田照の合法レシピ』馬田イスケ

馬田イスケが料理漫画…??と思いつつ読んだら面白かった任侠料理漫画。
これを読んで大葉を使うたびに合法ハーブは最高だぜ…って言うようになってしまった。

友達におすすめしてもらった漫画。


『うちのクラスの女子がヤバい』衿沢世衣子

ちょっと不思議な「無用力」を持った高校生女子の1話完結もの。
すこし不思議なとこと、思春期だけど色恋が前面に出てないそこはかとなさが程よい。
あとクラスメイトや背景がけっこう描き込まれてて世界観に奥行きがあるのが好き。
他の作品も読んでみようと思った。


『灼熱カバディ』武蔵野創

カバディは熱い。

あと買ってる漫画では
『海街Diary』
『BLUE GIANT』
『血界戦線btb』
『QED』
『CMB』
『それでも町は廻っている』
『ドリフターズ』とか面白かったです。

雑誌で読んでるのにも触れようと思うとけっこう長くなってしまうなー。
とりあえず1冊だけ。


『僕のヒーローアカデミア』堀越耕平

アニメ化めでたい。
主人公の少年が、周囲の子たちとは違ってどこかで自分はヒーローではないって思って、だからこそヒーローになりたいって意志と向き合ったりして悩んだりもあるんだけど、危機に瀕した時にヒーローでしかない瞬間が訪れるのが熱い。

あとはなんとなく気になってる漫画。


『恋は雨上がりのように』眉月じゅん

たまたま買った雑誌で1話読んで、その後に漫画屋のお試し冊子で最初を読んだけど、けっこう面白い予感がする。

あと友達から勧められた漫画メモ
『世界八番目の不思議』
『響 小説家になる方法』
『この音止まれ』
『シアロア』
『ましろのおと』
『サイコろまんちか』
『アンの世界地図』
posted by すずる at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2014年05月24日

今日買った本、と最近読んだ漫画

今日は難波で「なんば地下帝国からの脱出」ってゲームをやってたので遊びに行ってきました。
SCRAPのゲームは、何年か前に京都の漫画ミュージアムでリアルゲームブックイベントに行って以来で、リアル脱出ゲームは初めて。
なんばウォークでの1000円分の買い物レシートで参加できるということで、相方と昼食を取ってそのレシートを使ってスタート。
途中で歩き疲れてお茶休憩を挟んで、1箇所悩んだとこもありましたが無事に脱出成功しました。
こういうクイズは苦手とツレに思われてたので、けっこう謎を解いて驚かせてやったぜ……でもたぶん難易度は低め設定だったんじゃないかと思います。
けっこう楽しみました。2人で行ったのでまったりやりましたが、これたぶん、何人かで行って3チームくらいに分かれて競争したらもっと楽しいかも。

道頓堀の方まで歩いてたので、ブックオフに寄って1冊購入。

『ライン河幻想紀行』 ユゴー 岩波文庫

それから梅田に戻って丸ジュンで新刊購入。

『SFマガジン700 国内篇』 大森望編 ハヤカワ文庫
『SFマガジン700 海外篇』 山岸真編 ハヤカワ文庫
『悪魔の涎・追い求める男』 コルタサル 岩波文庫
『下戸は勘定に入れません』 西澤保彦 中央公論新社

ツレはあと小川一水と田中啓文を買ってました。

最近読んだ漫画の話もちょっと。
皆川亮二『ARMS』の文庫版が出てて、ワイド版で揃えてたので迷ってたんですが、インタビューとか載ってるし…と集めることにしました。



けっこうインタビューが、連載途中くらいでサンデーを読み始めてたので懐かしさもあって面白いです。続きも楽しみ。

あと、ちょっと前の話ですが、『もやしもん』完結巻、良かったです。



考えてみると、もやしもんを読んで始めたことがいくつかあるんですよね。
たとえば醤油とか味噌とかいろんな種類を試して使い分けるようになったり、あまりお酒強くないんですが、クラフトビールを飲み始めたり、あと大切なのは、食材は買ったら使い切ること、って心がけたり。
そういう生活が変化するような影響を受けた漫画って他にあんまりないよな〜と改めて思います。
あと登場人物たちの気になってた関係がいろいろいい感じに着地したので、よかったー。

それから水沢悦子の『ヤコとポコ』1巻。



掲載誌を何回か買ってたので読んでたのですが、漫画家の女の子とアシスタントのネコ型ロボットのちょっと不器用な関係というか、不思議な味わいの漫画です。
のんびりしてるけど頑張りすぎるのは息苦しいと思ってるし、欠点もいろいろあるし、素直じゃないし、なんかいろいろ苦い思いをたくさんしてきたみたいな不器用な女の子。なんかたまらない……。じたばた。

それから『失恋ショコラティエ』8巻! 次巻で完結だそうです。



以下はちょっとネタバレぎみなのでご注意ください。

うーん、オリヴィエがGJ!ってことになるのかな〜。
サエコさんは聞き上手で、まわりの人間関係を円滑にできる人で、恋愛強者で、でもサエコさんの本音を聞いてくれる人は誰もいないんだなーっていうのと、それでも帰るべきところに自然に帰っていくサエコさんの告白を止めたのは、そーたにとってはサエコさんを特別なひとのままにしてくれたってことなんで、オリヴィエはそーたの才能をほんとに愛してるんだなーということでGJ……。
なんか、恋愛の成否が幸福かどうかに直結しないっていうか、失恋してものすごく苦しい思いをしたとして、それは当人にとっては不幸なんだけど、読者としてはそれが特別に素敵な恋愛の記憶になって、さらに失恋が当人の才能を伸ばす結果になったとしたら、それはいちがいに不幸とは言い切れないよなーみたいな、そんなことをぐだぐだ考えさせられました。
次巻完結らしいけど、どう着地するんだってばよー。えれなにもフラレて完全に失恋状態で終わるのかなー(不安)
posted by すずる at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2014年01月22日

2013年(今頃)私的漫画ベスト

今さら感がただよいますが、2013年に新しく読んで面白かった漫画の話をつれづれっと。

我が家の雑誌購読は相変わらず週刊のジャンプ、サンデー、月刊でウルトラジャンプ。
あと夏頃からイブニングと、10月終わりからアワーズを買い始めました。
2013年の大きな変化といったら、ずっと買い続けてきた4コマ漫画雑誌の購読がとうとう0になったことですねー。いくつか継続して買ってた4コマのシリーズも切っちゃったり、そもそも好きだった作家さんの連載自体が消えちゃったり。

以下、思いつくままに好きな漫画の話。



連載自体は雑誌でずっと読んでいたんですが、2部の展開に改めてはまり直したというか、主に元主人公の兄貴の変貌ぶりに撃ち抜かれてしまいました。
世界の混沌を求める最も凶悪かつ、対人最強のお兄ちゃんが、成り行きで世界の番人に収まっちゃって、わりと真面目に若社長をやってるギャップがたまらんですよね。



で、今更ながら読み直したこれにもまんまとはまる。
こっちもサンデーの連載中に読んでたんですが、時間が経って改めて読んでもめっちゃ面白くて、電子書籍に手を出した時に勢いで揃えちゃいました。ふへへ。



室井大資は前に『妖怪研究家ヨシムラ』を勧めてもらって以来作家買いしてるんですが、ギャグ、なんだけどすげー男の世界というか、なんていうかこういう美学的なものが今現在受け入れられるとしたらギャグというジャンルしかないのかなと思いつつも、自虐に走るんじゃなくて、かっこよさに胸が熱くなる感じのですね。
とにかく最近ハードボイルド分とかなんかかっこいい大人の男の物語が足りないとお嘆きの方は黙って室井大資を読んだらいい。



私なんぞが何か言う必要もなく面白いと思います。



探偵と名前がつけば、シャーロックのコミカライズからキューティクル探偵まで一応手を出してしまう私ですが、今好きなミステリ系漫画はと言われれば、『Q.E.D.』シリーズと『名探偵マーニー』の2強です。
JKが私立探偵だったら、今はこうだろうなっていうネットを取り入れた捜査方法と、犯罪から日常系まで色々なタイプの事件があるのが楽しいです。
あとやっぱ、名探偵なんですよ。マーニーは。だから好き。読めば分かるとしかいえない、この名探偵にヒトメボレする気持ち。
それから、マーニーのクラスメイトとか周囲の登場人物にけっこう変人がいて、シリーズならではの楽しみがあるというか、もうちょっとで一線を越えちゃいそうな奇妙な味を醸し出してるのも良いです。
コミックスが2けた台に乗る前に皆読んだらいいと思うよ。

ずっと買ってて楽しんでるシリーズは普通にまだまだあるんですが、今年は後はワンパンマンとジャンプのワールドトリガーが楽しみだったりします。
あとは積んでる弱虫ペダルをそのうち読もう。
posted by すずる at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

2013年10月14日

最近買った本、と読んだ漫画

柴田元幸責任編集の文芸雑誌、『MONKEY』が創刊なのですよ!
『モンキービジネス』の最終号が出てから2年、復活を待ってましたぜ……というわけで発売日の次の週末に梅田の本屋を探しまわったんですが、置いてない。
茶屋町丸ジュン→阪急紀伊国屋→東梅田ブック1st→アバンザジュンクとまわって見つからなくて、アバンザで店員さんに聞いたら、3冊入荷で品切れ、天満橋に2冊あるよーということで、ネットで買おうかとも思ったんですが、結局天満橋まで行って買いました。



ついでに買った本
『アメリカン・マスターピース 古典篇』 柴田元幸翻訳叢書 スイッチ・パブリッシング
『ギリシャ棺の秘密』 エラリイ・クイーン 角川文庫
『パラークシの記憶』 マイクル・コーニイ 河出文庫
『モーパッサン短編集1』 モーパッサン 新潮文庫
『幻視の系譜』 東雅夫編 ちくま文庫
『ピサへの道』 イサク・ディネセン 白水社Uブックス
『日本SF短篇50 X』 日本SF作家クラブ ハヤカワ文庫

柴田元幸翻訳叢書は『火を熾す』だけ買いそびれてるからいつか買わねばなー。

で、3連休の1日はツレが休出で、1日は京都に遊びに行って、もう1日は2人で漫画喫茶に3時間……読んでみたい漫画が微妙にたまってたので色々読んでみようと思って、ツレはひたすら『宇宙兄弟』を、私は途中まで買ってた『ピアノの森』の続きと『昭和元禄落語心中』1巻と『大奥』をお試しに。
人気あるし、多分面白いだろうなーと思ってたら、やっぱり普通に面白かったです。落語心中の続きは帰りに買った。

あと最近読んだ漫画といえば、『放課後さいころ倶楽部』、面白かったです。女子高生3人が中心でアナログゲームで遊ぶ話なんですが、普段のキャラクタと、ゲームをプレイすることで新しく出てくるゲーム人格っていうか個性が、ギャップがあったりやっぱりねって感じだったり魅力的で楽しく読みました。

それから、よく寄る本屋で平積みになってたのでずっと気になってた『富士山さんは思春期』。
中学2年生、身長181cmの女子と160cmの男子。1話目でもう「俺たち付き合わね?」ってなって「いいよ」ってなるんですが、そこからがあまずっぱーーーい! 読んでるとどんどん心が中学生男子になってくる。つまり富士山さんが可愛くて可愛くてたまんない。おっぱい揉みたい。

 
 
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画