2017年10月23日

九州旅行最終日 臼杵から国東半島へ


九州旅行最終日。
後半は台風の影響に振り回されたが、次第に天候が回復し始めたので、当初の予定通り行動することにした。
高速道路を使って、国宝の磨崖仏を見に臼杵へ。
なんとなく山登りを覚悟していたが、拝観料を払って少し歩いただけで対面することができた。
想像していたより一体一体は大きくなく、それから想像していたよりずっと数が多くて、状態がよい。
修復工事を受けているとはいえ、よく野ざらしでここまで残っているなーと驚かされた。
ホキ石仏第二群

IMG_8525.JPG

第一群

IMG_8528.JPG

IMG_8529.JPG

4つの龕に磨崖仏が20数体も!

山王山石仏。お顔が一番好き。

IMG_8534.JPG

古園石仏

IMG_8547.JPG

今は戻されているけど、かつては頭部が崩れ体部の前に置かれていたらしい。写真で見るとけっこう衝撃的。

IMG_8546.JPG

台風一過の晴れた空の下、里山の風景の中で天然の岩壁に彫られた仏像をめぐる…他にない素晴らしい体験だった。

高速を北上して国東半島へ。
国東巡りは3回目で、最初は史跡巡りバスツアーに参加して有名どころを巡り、2回目はそれらを外して巡ったんだけど…初回の時って、大分の友人と飲んでほとんど徹夜状態で、しかも真夏だったので、熊野磨崖仏の鬼が作ったっていう急な階段を登って心臓がばくばくして死にかけたことしか覚えていなかった。
その時の日記は残っている→http://szur.sblo.jp/article/47463131.html
けど、国東巡りのことはまた改めて書くとか言いつつ忘れていたなー。大方忘れたとはいえ、この経験が元で国東半島に夢中になってしまったわけです。

ていうかこの日記は2011年、6年前の九州旅行なんだけど、今回もお世話になった福岡の友人とその時食べたのがラーメン、唐揚げ、カレーとかで、あれはあれで美味しかった記憶があるけど今回の旅と比べるとお互い随分エンゲル係数上がったなーと読み返してしみじみした。

そういうわけで、今回は初国東のバスツアーで巡った真木大堂、両子寺、富貴寺に再チャレンジという予定だった。
あれから見仏経験値も少しは貯まってるはずだし。
熊野磨崖仏? 今より10kg痩せたら再会したいと思う。

別府湾SAで昼食を取り、臼杵から2時間弱くらいで真木大堂に着きました。
こちらの収蔵庫には阿弥陀如来と四天王像、不動明王と二童子像、大威徳明王像と9体の像が…そういえば制多迦くんと矜羯羅くんは九博で一足お先に会ってた。
とても堂々とした迫力のある像。
不動明王は迦楼羅炎の光背がかっこいいし、大威徳明王は乗ってる牛の首筋のしわが印象的。見惚れる。

IMG_8550.JPG

外の石造物が点々とある公園もけっこう見ごたえがあります。

続いて両子寺へ。
駐車場に車を停めてから、仁王像のところまで一旦階段を下りてみる。

IMG_8595.JPG

国東半島と言われて真っ先に思う光景はここ。
護摩堂にお参りして奥の方へ。

IMG_8571.JPG

こんな階段上ったっけ…上ったかもしれない…と奥の院へ。

IMG_8575.JPG

岩壁を背後にした懸造の奥の院を初めて見たときはこんな建築があるのかとびっくりしたなあ。
特別公開の日ではなかったので、内陣のお像にはお目にかかれなかった。バスツアーの時に両子大権現は拝見した気もするんだけど、その後入った奥の印象が強くてとんでしまっている。

最後に富貴寺へ。

IMG_8585.JPG

入り口で猫が出迎えてくれた。

IMG_8590.JPG

特別拝観ってできますか?とこそこそ聞いたら、できなくもない、と返してくれて、懐中電灯を借りて内陣奥へ。
奥には地蔵菩薩など石の仏像がありました。その中に白山権現の像もあった。すごいなーすごいなーと見てきた。

国東半島にいくと、いろんなとこに石造物があって、おー!すげー!ってなるんだけど、富貴寺に至ってこんなの国東でしか見たことないみたいな石造物が飽和して頭がぱーんとなる。

IMG_8598.JPG

IMG_8597.JPG

苔むした十王像とか。

臼杵と国東、はしごしてじっくり見るには全然時間が足らず、泣く泣く出発。
中津駅で車を返却。2泊3日で475kmほど走っていた。帰りはソニックとのぞみを乗り継いで大阪に帰り着きました。
posted by すずる at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月22日

九州旅行3、4日目 温泉三昧

今回の旅行は予算の許す限り贅沢するつもりだった。
なるべく今年の余暇費は九州で使おうと考えていて、といっても我が家の財布事情では微々たる予算だけど…旦那が合流してからの2泊は温泉旅館に泊まることにして、黒川温泉と由布院温泉に予約していた。

さすがに何を出されても美味しくて
「これはうまい」
「これもうまい」
と言うばかりで、語彙のなさが目立つばかりだけど、自分の備忘録として日記に書いておこうと思う。

15時半に英彦山を出発して、道の駅で買い物をして、黒川温泉に着いたのは18時前だった。
宿は御客屋。2012年に実家の両親と九州旅行した時に泊まった宿で、その時の印象がとても良かったのでまた泊まることにした。

IMG_8478.JPG

前回の時にすごく気に入って今回多めに出してもらったチーズ蓮根と地ビールで乾杯。さいこう。

IMG_8482.JPG

夕食は黒豚鍋で、お肉と自家製ポン酢が特においしかった。

IMG_8476.JPG

馬肉の刺し身も食べる前は馬肉ってどうやろ…?と思ってたけど、とろける甘みがあって美味しい。あぶらに甘い醤油+生姜がしみてとても合う。
あとヤマメの焼いたん!身がふんわりして最高だった。

こちらの宿の泉質は含鉄泉と酸性泉と2種類あって、堪能した。
朝が早かったし長時間運転したこともあって、すこーんと寝る。

4日目は台風が最接近して、ひどい雨だった。
朝食を食べてお風呂につかり、チェックアウト時間の10時まで台風情報を見つつ部屋でのんびりする。

足元の悪い中で風呂巡りという気分にはならなかったので、宿の近くのわろく屋というカフェで雨宿りすることにした。

IMG_8485.JPG

プリンとドリンクセットで500円て、お得すぎる。頼まない理由がなかった。
居心地のいいカフェで長居してしまったので、お昼もここで焼きカレーをいただいた。何を食べてもおいしいとしか出てこない。

IMG_8487.JPG

あとこのトレイすごくいいなー。ほしい。

外に出て雨の中を少し歩く。カッパを着て元気に歩き回ってる観光客もいた。
ギャラリーで陶器の展示をしてて、普段使いに手頃な器があったので買ってみた。

IMG_8741.JPG

あと黒川温泉で買ったおみやげは旅館で使ってた木のコースター。
黒川温泉はホスピタリティがすごいので、ほんともてなしてもらったって満足できるし、何度でもリピートしたくなる。

風雨は相変わらず激しく、どこかで観光しようなんていう感じではなかったので、由布院温泉までじわじわ移動する。
旅館のチェックインには早かったので、道の駅でしばらく時間をつぶした。目の前を歩いてる人の傘がみるみるおしゃかになるのを、いっそささないというのも選択肢よなーと旦那と見ていたが、風で車が揺れるたびにびびっていた。
我が家と同じように旅館のチェックインまで待機している人が多かったようで、15時になると駐車場から続々と車が出発していった。

おみやげはここでは主に立派な乾燥シイタケと同僚へのちょっとしたおしゃれなお菓子なんかを買ったけど、おやつに買ったわらび餅が大変おいしかった。

IMG_8522.JPG

水のおいしいところのわらび餅はだいたい外れない。

4日目の宿は湯布院ICの近くにあるほたるという旅館でした。
奮発して露天風呂付きの部屋にしたけど、雨が激しすぎてさすがに入れなかった。

IMG_8508.JPG

とりあえず家族風呂に入ったら、無色透明だけど、不思議ととろみのあるお湯で、出た後につま先がぽかぽかしているのに気がついた。
これめちゃいいお湯だ…と実感。

IMG_8517.JPG

晩ご飯はもちろんごちそう。松茸のおすましと松茸ご飯とか何年ぶりだろう。
お酒は知覧の芋焼酎をお湯割りでいただいた。飲んだ時に鼻に抜けてくる風味というか香りというかあれなんていうんだろう。気持ちいい。普段ビールしか飲まないんであれですが、とてもいいお酒を飲んでいる気分。
豊後牛もおいしかった。
ただちょっとお酒が強かったみたいで酔っ払って途中でお腹いっぱいになってしまい、せっかくの釜飯が食べられなかったら、小さなおひつに移し変えて部屋に持たせてくれたのが嬉しい心配りでした。
夜食に残さずいただきました。
夜には雨も弱まったので、部屋の露天風呂も朝晩と2回堪能した。良かった。

あちこちの温泉に行って当たり外れの両方とも経験があるけど、由布院て親と来たり、友達と来たり、夫婦で来たりで何回か価格帯も違う旅館に泊まったけど、どこの宿も良かった記憶しかないなー。

IMG_8521.JPG

盛り付けも美しい朝ごはんを食べて新米をおかわりしてチェックアウト。
posted by すずる at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月20日

九州旅行1〜2日目 筑豊うまいものツアー

初日の夜は、福岡在住の友人夫婦に美味しい焼肉屋があると、Mr.青木というお店に連れて行ってもらった。
究極の焼きしゃぶというの。わー見るからにいい肉だー。

IMG_8411.JPG

焼きしゃぶ? てどうやって焼いたらいいんだろと思いつつ、広げてみる。

IMG_8413.JPG

ほとんど網を占領するでかさ。
炙っていると、脂身がふっと滲む瞬間があって、これを見るのが自分で肉を焼く醍醐味だなーとしみじみ思う。
で、味の方はほんととろけた。

過去最高のいいお肉は、別府温泉でお肉屋さんがやってる旅館に泊まった時に食べた豊後牛だったけど、それ超えてきた。自分歴で最高のお肉更新。

IMG_8412.JPG

それからカルビやらホルモン8種盛りやら焼く焼く。いつもは白米頼むのに、そういえば米食べるの忘れてた。

IMG_8415.JPG

それで、次に頼んだ肉のお寿司ーー。これも凄かった。絶妙の炙り具合、ふんわり香る藁か木かなんかの匂い、ほんのり甘めの酢めしの酢加減、香り高いわさび。全体的に、舌に触れる温度が絶妙。
ワサビと生姜で全体の印象が変わるのも凄くて、凄いから凄いのだとしか言えない。
他にも食べたいメニューはいっぱいあったけど、胃の容量が限界だったので、デザートを食べて終了。デザートも力が入ってました。

今まで思ってた焼肉屋の概念が変わった。

2日目は高校以来の友達と、筑豊うまいものツアーでした。
ランチはちょっとレトロな感じの喫茶店でチキンライスー(ご飯の量減らしてもらった)

IMG_8420.JPG

このケチャップと鶏肉の感じ大好き。なんかチキンライスってちっちゃい頃のご馳走って感じで無条件で好きなんだよなー。
ここのカレーが美味しいと聞いてお土産に購入。

それから次に向かったのはセゾンという洋菓子屋さん。
イートインはコーヒーサービスでした。ふわっふわ。

IMG_8422.JPG

それから試食させてもらった秋の作っていう秋限定の焼き菓子が、サクフワのダックワーズでキャラメルレーズンクリームを挟んだっていうもので、香りが…なんかいつまでも嗅いでいたいどことなく懐かしい甘い香り。
これが奇跡みたいに美味しくてその場で2箱買った。

それからネロボタニカのわた惣というお店に。北九州の雪文というアイスがここでイートインできるってことで、是非にと勧めてもらいました。

IMG_8424.JPG

種類が色々あって、めちゃ迷いつつ紫芋。濃ゆい。
パッケージ可愛いし、これはギフトにしたい!
あとけっこう変わった味があって、枝豆とかあったらしい。それ食べたかったなーーーー(枝豆好き)。

わた惣でついでに色々買い物。調味料とかごはんのおかずになるものはあまり考えずに買ってしまう。

IMG_8859.JPG

それからスーパーで九州ローカルなものを色々買い物して、まったりおしゃべりして、夜は焼き鳥屋へ。

IMG_8425.JPG

モツの煮たのってだいたい歯ごたえがあるんだけど、これ舌だけでおしつぶせそうなくらいしっとりやわらかくて、しかも味が濃すぎずいい感じにしみしみなんですけど。
なんか九州のホルモンって無条件で美味しいよな〜としみじみ。

自分が食いしんぼうなので付き合いの続いてる友人らもわりとそうなんですけど、東京に行った時も思ったけど、絶対太らせて帰す意志を強く感じるなー。
喋りすぎ食べすぎで2日目終了。
posted by すずる at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月18日

九州旅行 前夜

2年ぶりに九州に行くことになり、安い交通手段を調べていて、今回はフェリーを使ってみることにした。
名門大洋フェリーの1便に限って、二等エコノミーなら、大阪港から門司港まで繁忙期を除いて3980円と夜行バスとあまり変わらない値段で行ける。それに、
・風呂に入れる
・足を伸ばして眠れる
・その辺を歩き回れる
の3点でバスに勝っている気がする。
雑魚寝ではあるものの、レディースルームがあるのも安心できる。
大洋フェリーのサイトでは実施期間は2018/03/31までとなっているので、それ以降あるかどうかわからないが、一度試してみる価値はあると思った。

出港1時間前に地下鉄、ニュートラムを乗り継いでフェリーターミナル駅へ。駅からターミナルは直通の通路で歩いて行けた。
次第にでっかい船が見えてきて興奮する。
トラックとかのドライバーが多いのかと思っていたら、待合室には意外とたくさん旅行客っぽい人たちがいた。中年の夫婦、家族連れが多い。どうやら世界遺産になった沖ノ島ツアーが一緒らしい。

時間通りに出港。
二等エコノミーはそう広くない和室で、1人に割り当てられるスペースはマットレス1枚分。だいぶ狭い。満席だったら、寝返りを打つのも厳しいかもしれない。
今回は同室にいたのはおばあちゃんと小さい子どもを1人連れたおばあちゃんと私の4人だけだったので、余裕があった。

出港前にささっと風呂に入ってくる。脱衣所に無料のロッカーがあるので使ったが、荷物が多いと部屋に置いとくか、別にある有料のロッカーを使う必要があるかもしれない。
今回はフェリー泊を含むと5泊6日と長め旅行だったので、着替えなどほとんどの荷物は先にホテルに郵送していたので身軽だった。

夕食は持ち込んだおにぎりを部屋で軽く食べて、明石海峡大橋の下をくぐる時間帯に上の階の展望ストリートに行ってみる。そこで隣り合ったおばちゃんとひとり旅サイコー!ですよね!と意気投合して、けっこう話し込んでしまった。
シベリア鉄道に乗った話を聞いた。

部屋に戻ると同室の方々はすでに寝ていたので、私も楽な格好に着替えて早めに寝ることにした。

寝床はほぼ床で固い。あと枕が高すぎる。脱いだ服で腰と頭のあたりを多少調整してなんとか寝た。
振動はずっとあるけど、揺れは瀬戸内だからかほとんど感じなかった。
耳栓は持っていって良かった。アイマスク持っていけば良かった。
うとうとして目が覚めた時に一度耳栓を取ってみたら、振動音と、雨が時折強く降っていたのか、窓に叩きつけるような音がしていた。

4時半に音楽が流れる。風呂場の脱衣所が開放されるので(浴場は入れないが)、そこで朝の支度をして荷物をまとめた。
定刻に門司港着。
ターミナルに出て、外の無料送迎バスに乗り込む。
6時20分頃に小倉駅に着き、6時50分発の電車に乗るまで駅前のマクドで朝ごはんを食べて過ごした。充電もした。
posted by すずる at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年09月30日

東京旅行2日目 オフ会と飲み会

上京すると大体真ん中の日は人に会う日になる。
12時半に新宿駅で集合。のりりんさんと、寒月さんと、砂時計さんご夫婦と、SFのえんじさんの6人で、京王線の金田一少年の事件簿の謎解きに挑戦しました。
砂時計さんの奥様とは初対面でしたがあとは20代の頃からお世話になってる気のおけない方々なので、なん年かぶりに会っても、昨日の続きみたいな気楽な感じでいられます。

午前中に小菅の東京拘置所の矯正展に行かれてた寒月さんがお土産をくれました。
嬉しい。

IMG_8335.JPG

謎解きは京王線と都営地下鉄の1日乗車券を使って、電車に乗って駅に着いては次の駅へのヒントを見つけて、クイズを考えての繰り返し。
これってどこの駅に行ったっていうのもネタバレになるのか。
ひとつひとつの謎は駅探しとヒントの場所探しの二段構えで、あと金田一少年にちなんだ謎解きらしくミステリ的な伏線とかもあって、簡単かなーと思ってたらヒントを見ざるを得ない問題もあって、満足度は高かったです。
駅ではうーんと悩んで、電車の移動中におしゃべりしたりして、グループでやるのも楽しかったです。
最後の駅に向かう途中、次の約束が迫っているのに気がついてひとり離脱。みんなは居酒屋で最後の謎解きにいそしんだと聞いた。

18時半にまた新宿駅で待ち合わせ。
夜は大学のサークル(みたいなもの)仲間、同期と1つ上の先輩方との飲み会でした。
愛知の山奥で一緒に学生時代を過ごした彼らが今はほとんど東京にいて、魔界都市新宿で集まって飲むというのもなんだか不思議な感じがする。
あとみんな東京とかその近郊に住んでるのに、なぜか大阪人の私が幹事をして店を決めているのもおかしい。
今回は8人集まりました。

お店は新宿のアニメイトの近くの路地という焼き鳥屋さん。
一品一品が美味しくて、また幹事する時に使いたいなと思えるお店でした。よかった。
喋ってて写真とか撮ってなかったけど、締めのご飯がひつまぶしで思わずテンション上がった。

IMG_8306.JPG

一次会が終わり、二次会は5人でまったりおしゃべりして、ぎゅうぎゅうの電車に乗ってホテルに23時半帰着。

posted by すずる at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) |