2017年03月20日

広島旅行

実家の両親が以前から広島に行きたいと言っていて、1泊2日で旅行することになった。
浜松から来た両親と新大阪駅で合流。新大阪からはさくらに乗車。
広島駅から在来線で宮島口駅へ行き、フェリーに乗って宮島へ。2回目の宮島です。

IMG_6914.jpg

ちょうど干潮の頃で、たくさんの人が鳥居の下まで行っていた。
両親は移動で疲れたのか厳島神社は翌朝行くことにしてさっさと旅館に入ってしまったので、私は一人で散策。
前回行った時は神社で参拝した後にロープウェーで弥山に登って大聖院へ歩いて降りてきて、そのままフェリーに乗るという、弥山はすごくよかったけどちょっとせわしない行程だったので、今回は宮島に宿を取ってのんびりすることに。

IMG_6866.jpg

多宝塔のとこまでのぼってみたり。

けっこう観光客が多くて混み合ってるなか、宮島コーヒーに席が空いてたので一休みして読書して、夕方もう一度神社の方へ。

IMG_6916.jpg

潮が次第に満ちてくる鳥居の近くまで行ってみた。
しかしそのへんにいる人みんなが社殿じゃなく鳥居に注目してるっていうのも、他の神社ではあまりないなんとなく倒錯した光景かもなーとか考えていた。
私も鳥居の写真ばっかり撮ってしまっていたけど。

IMG_6865.jpg

旅館は窓から鳥居の見える部屋で、夜の海も対岸の光景も楽しめるいいお部屋だった。夕食は牡蠣づくし。

翌朝チェックアウトして満潮の頃に両親と神社へ。

IMG_6895.jpg

水上の回廊はやっぱりなんか特別感というか…満潮の時に船で鳥居くぐってアプローチしてみたいよなーこれは。
朝のまだ人が少ないときに参拝したのは正解だった。
干潮と満潮の両方を見られたのも良かった。

IMG_6918.jpg

水上で見る夜の能も素晴らしいだろうなー。篝火が水面に映えて。

神社を漫喫して、歴史民俗資料館も見て、お昼は商店街のお店でかき飯。親は穴子重。

IMG_6893.jpg

牡蠣がふわっふわだった。

宮島ってなんか何度行ってもいいなあ。行ったばかりだけどまた行きたいな。

帰る途中で尾道に寄り、ちょっと景色を眺める。

IMG_6907.jpg

尾道は3回目だけどロープウェーのくだりにはじめて乗った。景色はいいけど案外早くて怖い。

IMG_6898.jpg

両親がどれだけ快適に過ごせるかに気を配ってたので、あまり自分勝手に見たいもの見てくるっていう旅行ではなかったけれど、晴天にめぐまれて、のんびり風景を眺めることができてなんだか旅行らしい旅行したなーという2日間だった。
タグ:神社
posted by すずる at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年11月23日

九州5日目 国東半島

旅行最終日。国東半島でも北の港の近くに泊まり、朝出発。
まず行ったのは近くにあった伊美別宮社。

DSCF1294.jpg

二の鳥居は台輪鳥居。続きを読む
タグ:神社
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年11月22日

九州4日目 宇佐から国東半島へ

朝、ホテルを早めにチェックアウトして特急で大分方面へ。宇佐駅でレンタカーを借りました。
後から考えたら中津で借りた方が、特急の割引切符があったので良かったかもしれないけどあえて宇佐。

まずは大分県立歴史博物館へ行って常設展を見ました。
古代の瓦が色々あって、さすが国際色豊か。太宰府系とか、百済系、高句麗、新羅系、宇佐系…老司式軒瓦っていうのも初めて見た。
初めてといえば、石幢というのも。1493年の銘がある三重町宮野区のもので、六角形の龕部に六地蔵が彫られてるっていう。このタイプの石の塔って初めて見たけど、このへん独自ってわけじゃなくあちこちにあるんですね。

特集展示でミャンマーの陶器を展示してて、これまた見たことないようなものがいっぱいあった。陶板の犬戦士、猿戦士とか。
それからやっぱり富貴寺大堂の実物大模型と宇佐神宮の本殿模型が嬉しい。

足手荒神の手形足形とか、御殿灯籠(これ燃やしちゃうの!?)とか目新しいものがいろいろあってけっこう夢中になって見学してしまった。
きっとここならこのへんの石造物とか八幡信仰とか参考になる書籍がいっぱいあるに違いない!財布が許す限り買って帰るで!と思ったら、大抵の博物館にあるあれが見当たらない…あれ、ミュージアムショップが。
博物館のサイトで出版物のページを見たら、「 当館の出版物を利用されたい場合は、全国の都道府県立図書館や歴史系博物館等に寄贈していますので、そちらまでお問い合わせ下さい。」って、まじか……。
がっかりしつつ外の古墳をちょっと見て歩く。

IMG_4397.jpg続きを読む
タグ:
posted by すずる at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年11月21日

九州3日目 博多神社巡り

九州旅行3日目は、10時半頃に家族が新幹線で博多に到着して合流したところから。
2人でどこに行こうかなと色々考えていたのですが、行ったことない神社に行くことにしました。
今まで神社とかお寺とかに家族を連れ回すのは、家族はそっち方面に興味がないので申し訳ないなーと思ってたのですが、ingressを始めたらだいたいそういう所はポータルが密集してるのでそれなりに楽しんでくれるようになったので、私もまったく遠慮がなくなりました。

JRで乗り換えを間違えて福工大前まで行っちゃったりしつつ、まずは香椎宮へ。

IMG_4342.jpg
 続きを読む
タグ:神社
posted by すずる at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年11月20日

九州2日目 甘木と福岡

 2日目は昼から約束があって午前中は空いていたので、早めにホテルを出てJRで甘木へ向かいました。
 後になって1日目に熊本から甘木に行って、2日目の午前中に新奴国展に行けばよかったと思ったんだけど、甘木でやってる展示に気がついたのが旅行の直前で、新幹線の切符もホテルも早割で手配してたので変更するまでもないかなーと思って、朝から電車。基山で乗り換え。

IMG_4329.jpg

 甘木鉄道はなんか卑弥呼推しで邪馬台国論争めんどくさい派の私としてはこんな大っぴらに推して大丈夫かなとどきどきしてくる。
 思っていたよりも駅から遠くなくて、開館前に甘木歴史資料館に着き、少し建物の前で待ちました。

IMG_4330.jpg

 「黒川院調査と山岳宗教」展。入場無料で、32Pもある資料館便りも頂きました。英彦山の歴史や調査報告、展示解説も載っててありがたい。
 階段の踊り場に彦山にお参りするルート上にある通堂の板額が。堂々としてけっこういい字。
 常設は民俗資料がいろいろあって、風止め祈願っていうのは初めて見たなあ。台風被害があるから? 駄風流とか、音が面白い。
 あとこの地域では田の神と天神天満信仰が融合しているっていう説明もあって、丑どんとか天神さんから牛が来てるらしい。それで牛の石造物がけっこうあるのかなーっていう。

 黒川院は1334年から彦山の座主の御所があって、17世紀に入って破壊されたそうで、そのくらいの時代なら(自分の興味範囲からすると)えっ最近じゃんって感じがするんですが、山の中だとけっこう痕跡が分からなくなっちゃうんだなあと思いました。
 黒川高木神社の狛犬は、大きな口を開けてシュッとしていた。細かい部分まで観察してないけど、前日に見た青井阿蘇神社の狛犬と体型は似てる感じ。
 1554年の銘がある火王、水王の面。三角の大きな鼻に鼻腔、火王のむき出しの前歯?と個性的。

 あと面白かったのは初めて見た天狗曼荼羅。上部真ん中に僧侶、左右は毘沙門天に不動明王で、下に7人の天狗という。多分天台なんだろうけど、僧が誰とかは分からず。
 それから薬袋や版木などがあって、額に入った牛王宝印は上部に三羽の鷹がいて、烏じゃないんだーと思ったけど、もらった資料を読んだら開山縁起に三羽の鷹が出てくるんですね。修験の遺品がいろいろあって興奮した。
 それから前日に福岡市博の常設で知った九州特有の薩摩塔、首羅山遺跡のレプリカが見られたのもよかったです。

 求菩提の資料館にもいつか行きたいなーと思いつつ、今度は西鉄の甘木駅から電車で天神へ。西鉄ってずっとせーてつって呼んでたけど、にしてつだった。
 天神から地下鉄で移動して、大濠公園のスタバで昼ごはん&充電。かなり街中なのにこんな広くて気持ちいい公園があるのっていいなーと思いつつ、福岡市美術館へ。
 「藤田美術館の至宝」展。藤田美術館って大阪の美術館なのでわざわざ旅先の福岡で見るというのも不思議なんですが、福岡在住の友達が曜変天目茶碗が見たいってことで、じゃあ美術館で合流しよーということに。
 といっても、私も友人も展示は1人で見る派なので、見終わるまですれ違うことはありませんでした。

 曜変天目茶碗は、宇宙だった。

 思ったのは、藤田がこれを手に入れて、お披露目の茶会ってやったのかなーと。想像すると恐ろしいよなあ。コレクションからこれに何を合わせる?

 常設の方では絵はあまり興味ないのでさらっと見ただけだけど、地下で仁清の壺が見られて、おーっと思ったのと、あと肩衝茶入銘「松永」が見られてよかった。
 松永久秀由来のものはこれで茶さじと茶入を見ることができたけど、どちらも艶めいて美しい曲線で、どっちかというと松永久秀は嫌いだけど(奈良好きなので)、その趣味はけっこういいよなー。平蜘蛛というのがどんなものだったのか思いを馳せてしまうよな。

 展示を見終えてからやっと友人と合流してお茶しつつおしゃべり。
 それで夜はジビエが食べられるお店に連れてってもらいました。
 鹿も鴨もおいしかったー。もっと肉質が硬いと思ってたのにすごくやわらかくいい弾力。

 IMG_4338.jpg

 福岡ってことでホルモン系も串で食べたり。丸腸がとろけるー。

IMG_4339.jpg

 それからひげにんにくの天ぷら、にんにく臭はあまり感じないけど食べるとじわっとこくのあるうまみがあっておいしかったです。風邪が全然治ってない状態でいったんですが、これ食べた時、一瞬元気になった。
 お酒は自重しました。
posted by すずる at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) |