2017年02月10日

SMOKEと神聖なる一族

今年はできるだけインプット多めにしようと、昨年よりは気持ち積極的に本や漫画を読んでいる。
映画も2本見てきた。

『SMOKE』 ウェイン・ワン監督/ポール・オースター脚本

モンキービジネスでポール・オースターを知って、最初に買って読んだのが『スモーク&ブルーインザフェイス』だった。そのときに「映画いいよ」と薦めてもらったんだけどずっと機会がなく、今回デジタルリマスター版がかかっていたので見てきた。
客がタバコ屋に入ると、主人は「いつもの」を出してお釣りを数える。最近の出来事やなんかを話しながらゆっくりと。そのやり取りで、その店にはちょっとした交流があるのが分かる。
妻をなくした小説家、家出少年、ヤク中の娘を連れ戻したい母親・・・・・・それぞれの人生にはそれぞれの重要な場面があって、おせっかいに介入するんじゃなく、隣人として立ち会う、そのおしつけがましくない距離感がいい。
言葉はなくゆっくりと煙が漂う場面に、そこにある複雑な感情を思う。
しみじみいい映画だったーと思った。ハーヴェイ・カイテル最高や。ほかにどんな映画に出てるのかなーと思ったら、『グランド・ブダペスト・ホテル』に出ていた。そういえばいたいた。


『神聖なる一族24人の娘たち』 アレクセイ・フェドルチェンコ監督
大阪でやってた時に見逃してしまったので、神戸の元町映画館まで行ってきた。
ロシア西部のヴォルガ川流域のマリ・エル共和国に住むマリ人は、ロシアに支配されていたもののロシア正教の布教が十分行われず、伝統的な自然崇拝が残っているらしい。
タイトル通り24人の娘(?)が1人ずつクローズアップされるオムニバスで、最初はおまじないとか雪の中の祭りとか撮った民俗学的なドキュメンタリなのかなーと思っていたら、そのうちしれっと人の中に精霊や死人が混ざり始めて、なんだろうこれ・・・・・・古今著聞集とかのちょっと不思議な話をそのまんま映像化したみたいな。
日本人としてはけっこう馴染みやすい世界でもあると感じた。

娘の体調不良の原因を知るためにパンや鵞鳥を捧げ物に持っていくとか、死んじゃったお父さんが村人に連れられて帰ってきて、なんか家で縦ノリで踊ってるとか、イケメンの死者を呼び出すいかがわしいパーティをしている娘たちに怒ったじじばばが箒や鋤なんかを持って駆けつけるとか、絵的に面白い場面がいろいろあって、フォークロアとちょっと不思議で面白い映画だった。ただ投げっぱなしな話もあり、あの娘やあの娘の安否が気になるとかがあるから、DVD出たら見て確認したい。
あーあとびっくりしたのは、昼食?で、オーブンで焼いた魚を手づかみで皿に盛って、パンをどーんと乗せて、あと付け合わせが生っぽいタマネギ半分だったやつ。
posted by すずる at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年01月13日

2016年に見た映画メモ

2016年に見た映画は4本でした。
あまり見てなかった。

『リザとキツネと恋する死者たち』
いけてないリザが恋に憧れてかわいく変身していく、ブダペストが舞台のキュートな映画…ただしファンタジックな要素として九尾の狐伝説とか謎の演歌歌手幽霊トミー谷とかが出てきて、微妙といえば微妙なニッポンイメージに、けっこう楽しかったけどたまにどういうノリで見てればいいのか自分を見失う。

『写真家ソール・ライター』
ドキュメンタリ。字幕が柴田元幸というので興味を持ったんだけど、次第に柴田訳の小説の登場人物みたいに思えてくる。
「自分が死んだらこれが代表作として新聞に載る」って笑ってるとことか、その写真の特徴を「何も写っていないようでどこかに謎がある」とか。猫もふりたい。
その写真は構図が大胆。canopyとか好き。あと飾りガラス越しの女性、ガラスの模様に色がのったように見えて

『Mr.Holmes』
ホームズものということで見てきた。
引退して年老いたホームズ役のイアン・マッケランがイギリスの美しい田舎で少年と散歩したり養蜂したり海でぱちゃぱちゃしたりするところが堪能できる。
探偵パートのイアン・マッケランのきりっとした佇まいもまた最高なんだよな〜。
でも、ホームズものとしてはちょっと評価分かれるだろうなとも思う。うーん、そういうホームズを描いた映画と頭では理解できるけど、そういう発言をしないホームズがそもそも好きなので…みたいな…いやでもイアン・マッケランと少年は最高。

『グレートミュージアム』
年末に見たウィーン美術史美術館、ハプスブルグ家の歴代皇帝の収集した美術品の美術館のドキュメンタリ。
ナレーションなし、BGMなしで、このシーンはどういう意図でだろう?って迷うとこもちょこちょこある。
どこの国の美術館も予算でごたつくのは同じだなーとか、オークションで競り負けても20年も経てば(恐らくコレクターが寿命で死んで)在庫一掃で放出さみたいな学芸員ジョークとか。
収蔵品は特に工芸品が凄そう、めちゃ臨場感のあるフェンシングする蛙像とか。大英博物館からのお客さんのからくり船への食いつきの良さとか。

2016年はDVDをレンタルしなかったなそういえば。
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年09月20日

シネリーブルで

今年はあまり映画をチェックできなくて優待券を無駄にしてしまったので、今月はなんかしら見ようと思ってシネリーブルに行ってきました。2回。
見たのは『さよなら、人類』と『彼は秘密の女ともだち』。

ロイ・アンダーソン監督の『さよなら、人類』は見たことがないスウェーデンの映画で、ヴェネツィアの映画祭で金獅子賞というあおり文句に誘われて行ってきました。
怒りっぽい男と泣き虫男のお笑いグッズセールスマンコンビが狂言回しのような、特に狂言回してないような、日常の1シーンがえんえんと並べられた……登場人物は共通してるようなしてないような、時間も現在だったり過去だったり、現在に過去が勝手に侵入してきたり、かなりフリーダムな映画。
あまりにシュールで、これ普通に見てるけどスウェーデンじゃ鉄板の爆笑ジョークなんだろうかと迷い始めたり、いろんな人が電話で「元気そうで何よりです」って言うシーンがあるんだけど、あまりに脈絡がないからこの字幕合ってるのかな〜と不審になってきたり。
あーでも後から考えてみると、同じ「元気そうで何よりです」って当り障りのない台詞でも、いろんな場面で使われるよな〜発される状況や感情が違うのかも。
同じ曲が違う歌詞で歌われるように、同じ場所に集う人が時代によって違うように、シーンに共通点を見出すのか、差異を見出すのか。
全体的にそこはかとなくおかしくて、そこはかとなく憂鬱になる映画で、見終わった時はぽかんとしてどんよりとなった。

フランソワ・オゾン監督の『彼は秘密の女ともだち』。
亡くなった親友の旦那の女装趣味を知ってしまった主人公。明言はされてないけど、主人公はその親友を愛していたっぽい。性癖がややこしすぎる。
すごく楽しんで見たけど、見る人の価値観を揺さぶって、LGBTへの態度を含めた恋愛観が浮き彫りになる映画だなーと思った。
私はフィクションの恋愛はわりとなんでもありで鑑賞できると思ってたけど、それでもアレに対しては複雑な気分になることが分かって、意外な発見だった。
この監督のセックスシーンは鉄板だけど、シャワーでのあれがほんとエロかった。
posted by すずる at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年02月25日

ナショナル・ギャラリー

堂山で用事を済ませた後、スカイビルまで、梅田の果てから果てへこれどっかでもうちょっとショートカットできないのかなーと思いつつ歩いて、シネリーブルで映画『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』見てきた。
イギリスの国立美術館で展示される絵画を中心に、館内で行われるギャラリートーク、講習会、ワークショップ、会議、それから館内で働く人々の多様な仕事、そして絵を見る人々。
建物も内装もいいし、額装も。細かいところまで気が配られてて、質の良さを感じさせられる。
ほとんどずっと絵の話をしてる3時間だけど、それぞれの絵画をめぐる話が面白くて飽きる暇がなかった。
話を聞く人に合わせて学芸員さんの話す内容も違って、たとえば子ども、学校の美術の先生、不特定多数のただその場に居合わせた人とか、聴衆に合わせててなおかつどの話もそれぞれ面白いっていう。

私自身は絵を見る目がなくて、絵を見て感動とかないし、有名な画家の展覧会が近くであっても行かないし、なのにじゃあなんでこの映画を見に行ったかっていうと、自分が良さを分からないものを好きで語ってる人の話を聞くのが好き、だからなのかなー。
自分では分からないけど、人のフィルタを通してその素晴らしさを垣間見たいっていう。
絵を見てインスピレーションを受けたっていうピアノ演奏、詩の朗読、バレエとかの映像もあったけど、そういう芸術と呼べる枠組みの中でインスピレーションを受けるっていうのが未知だからすごく興味深く感じる。

最初の方にあった、絵をどう見るかは自由で、見に来た人それぞれが自分自身の絵との付き合い方を見つけるようにお手伝いをするって言葉はちょっと嬉しかった。

例えば市場価格とか、名の通った目利きの意見とか、何パーセント以上の多数の支持を得ているとか、そういう理由では見たくないよね。(大多数が支持するものは大抵目に快いけど)
逆に自分が理解できないものを理解できないという理由で陳腐とも言いたくない。

確実に目を開かせてくれるというか、新しい発見を提供してくれる美術館で、こういうところに頻繁に行ける人は幸せだ。

画家の名前失念しちゃったけど(カミーユ・ピサロだったかな)絵を構造から捉える話と、修復師さんのレンブラントの絵の調査から発見した全く別の絵を横にして上から描き直した話、ホルバインの見る角度で骸骨が現れる大使の絵とか、イギリスの国王がお嫁さん候補を見るために肖像画を描かせて…って話とか面白かった。
あと、絵には物語があって、時間がないって話も。
posted by すずる at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2014年12月24日

今年見た映画メモ

今年のまとめシリーズその2は、今年見た映画。
映画館もレンタルも、見る時期と見ない時期の差が激しいんですが、今年はこんなん見たよーっていう。
年によってサスペンスばっか見てる年とかSFばっか見てる年とかあるんですが、今年は年を通してみると、ヒューマンドラマっぽいものをよく見てたみたいです。

DVD買ってもいいなーと思ったのは『おじいちゃんの里帰り』、サントラが欲しいのは『ぼくを探しに』、あと『天才スピヴェット』良かったです。やっぱいいわジャン=ピエール・ジュネ。

レンタルでは古畑任三郎と八つ墓村を見た…古畑は、『ジャガーノート』を見た時に木村拓哉回「赤か、青か」を勧められて見たのをきっかけにとりあえず第1シーズンを見ました。突っ込みどころ多い回もあったけど、犯人役の俳優さんがどれもよくってかなり満足度は高かったです。特に好きなのは中森明菜、石黒賢、桃井かおり、菅原文太の回。
八つ墓村は春に岡山旅行を予定していたので、野村芳太郎監督(渥美清金田一)のと、96年市川崑監督(トヨエツ)のと、78年の古谷一行のドラマのを見ました。ここまできたら稲垣吾郎のも見たかったけどレンタルになかった。
一長一短(かなあ)ありますが、この中では古谷一行のが好き。人間関係が整理されてて分かりやすかったのもありますが、なんつっても若い古谷さんがちょう好み。

あとは、ちょっと去年末に見たのも混じってますけど、『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』、『8人の女たち』、『ジャガーノート』が良かったです。
ついったーに書いた一言感想コピペ。

『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』見た。
病室で出会った死を宣告された2人の若者が、車を盗んで警察やギャングに追われつつ海を見に行く話。1人はやんちゃしてた風な半端者で1人はDT。
ベンツ230lsベイビーブルーがもー、そういう旅路にふさわしいキュートな車でもう。
友情を育む話ではあるけど、いい話っていうのとは違う。もっとエゴの固まりで切実で、何と言ってもバカ。だから好き。

『8人の女たち』見た。
やっぱフランソワ・オゾン好きだ! 女たちの火花を散らす関係がたまらん。女優たちが横一列に並んだ時の迫力!「奥様」と「娼婦」の関係が同列になりつつバイがノンケを押し流すカタルシスを爆笑させるセンス!これが本当の見せブラよと言わんばかりの貫禄!
あーもう語りたいような名場面でいっぱいだよー。小悪魔メイドがカラーを引き抜いたとこもたまらん。女優にもっと詳しかったらもっと楽しいんだろうなー。
ロミー・シュナイダー綺麗ですよね…。それはそれとして、吉野朔実の漫画で好きな女の子の彼氏を寝取ることで満たされる女の子がいたけど、あの子はああいう感じなのかなー、と思った。

『ジャガーノート』見た。
豪華客船での爆発物処理物と聞いて。爆発物処理班もだけど、船長や刑事や事件に直接関わる人だけじゃなくて、ウェイターや道化まで悩みつつも自分の仕事に誇りを持ってやるのがいい。古い映画だからか登場人物たちが優雅さを失わないところも。

以下は今年映画館で見た映画のメモです。(タイトルの後は監督名)

鑑定士と顔のない依頼人 ジュゼッペ・トルナトーレ
おじいちゃんの里帰り ヤセミン・サムデレリ
アイム・ソー・エキサイテッド! ペドロ・アルモドバル
ワールズ・エンド エドガー・ライト
グランド・ブダペスト・ホテル ウェス・アンダーソン
ぼくを探しに シルヴァン・ショメ
思い出のマーニー 米林宏昌
聖者たちの食卓 フィリップ・ウィチュス 、 ヴァレリー・ベルトー
まほろ駅前狂騒曲 大森立嗣
天才スピヴェット ジャン=ピエール・ジュネ
posted by すずる at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画