2012年03月02日

手が震えてきた

3/18の日曜洋画劇場が「シャーロック・ホームズ」なんですけど、ホームズの吹き替えが大塚芳忠さんだそうで!

なに! なにそれ! ちょっともう! 興奮しすぎて手が! 震えてきた!

えっとですね、そもそもガイ・リッチー監督が大好きなのですよ。
「スナッチ」は私的神映画。

で、シャーロック・ホームズも元々好きなので、ガイ・リッチー監督の「シャーロック・ホームズ」はもちろん、ものすごーく好きなんです。
PCの壁紙もずっと公式サイトからDLした壁紙なのです……と、どうでもいいカミングアウト。

で。芳忠さんといえば。
サイト的にはもちろんチボデー・クロケットなんですが、私としてはデータ少佐なんす。
TNGの……。

そう、人間になりたくて、人間というものをとことん知ろうとした、あのアンドロイドのデータ。
そんな彼がこよなく愛したのがシャーロック・ホームズで。

うわああ、データがホームズの声をやるのか! ってもう、もうなんか……もうなんか……好きなものが一箇所に集まりすぎて逆につらい!

あーどんな声を当てるのかなあ、芳忠さん……まんまデータだと、ちょっとロバート・ダウニー・Jrの雰囲気とは違うよなあ。

なんかこのニュース見てから、ずっと興奮しすぎで自分がやばいです。
最高画質で録画するんだ……できたら芳忠さんの吹き替えで新しくDVD発売してくんないかな……。
 
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2012年01月25日

ネット不通

モデムか回線、何がダメなのかよく分かりませんが、ネットが不通になりました。
そうなって気がつくネット依存……というほどでもないんですけど、いろいろと不便です。

とりあえず、ずっとネット振り込みしてた家賃の振り込み先を探し出さねば。


週末、映画「ロボジー」を見てきました。
ロボットの中身に爺ちゃんが入って、その正体がばれないというお約束さえ飲み込めれば、面白く見られる映画です。

そのへんに激しく突っ込む人にはそもそも向いてないかなあ。

爺ちゃんの風情がいいし、気楽に見られるそつのない映画です。
気に入りました。

しかし、実際に会社でむちゃぶりされてる気の弱い人は、ちょっと胃が痛くなるかも。
posted by すずる at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2011年12月22日

ヘルツォーク傑作選

京都駅の近くの映画館で、ヘルツォーク傑作選をやっていると聞いて行ってきました。

高校生の頃、思春期をこじらせてあまり良くない方向に思考が偏りがちだったのですが、たまたまTVで深夜にやっていた『カスパー・ハウザーの謎』を見て価値観が180度変化してしまうような大きな影響を受けまして……まあつまり私はヴェルナー・ヘルツォークのおかげで、こういう人間になってしまったわけで、思い入れのある監督なのです。

というわけで、レンタルで『ノスフェラトゥ』を借りてきて見たりしていたのですが、とうとういてもたってもいられなくなって、『キンスキー、我が最愛の敵』と『フィツカラルド』を連続で見てきました。

1本目は、亡くなった俳優クラウス・キンスキーをヘルツォーク監督が語るドキュメンタリ。
出演作の映像を取り混ぜつつ語られるキンスキーはエキセントリックで自己中心的でいつも怒鳴っていて、そしてフィルムに焼き付けられたその存在感は格別。

きっと何度もぶつかってうんざりして、殺したいくらい憎むこともあって、共に喜んで、理解して、理解を放棄して、最後にたどり着いた「我が最愛の敵」という言葉。

現場を放棄しようとしたキンスキーに対して監督が「8発お前の頭に撃ち込んで、最後の1発で自分を撃つ」ってそれなんて無理心中。

それから、エキストラで出ていたインディオの族長が2人監督の元にやってきて、「監督のためにあの男を殺しましょうか?」って持ちかけてきた話とか。面白い。

監督も俳優も2人とも狂気という言葉で表現されることが多いけど、その器のぶつかり合いというのがすごかったのだろうなー。

で、映画を見た日の夜に寝てたら「私はあの狂気を最後には飼い慣らした」って監督の笑いを思い出してぞくっとした。
画面の外で何が起こったとしても、「フィルムがすべてだ」という言葉も。

そういった激しいぶつかり合いを語りつつも、選ばれた場面はキンスキーの繊細なやさしさや穏やかさが表れた場面も多くて、監督の愛惜を強く感じる。

共演した女優が語るキンスキーの魅力的なこと。

で、これを見た後の『フィツカラルド』がまたよかった。
主人公のフィツカラルドは、ペルーの田舎町にオペラハウスを建てるという夢を持って、資金繰りのために……紆余曲折あって、船で山を登る映画。

夢は狂気と紙一重。ロマンとかいうならこのくらいやってみせろ! と指を突きつけられたような……こんなの大好きだ!

ドキュメントを見た後だと、主人公のフィツカラルドは、ヘルツォーク監督とほとんど同一視できるなあ。
インディオとのシーンなど本当に面白い。

そして、最後の船のシーンのキンスキーの表情が本当にいいのです。
 
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2011年12月06日

ミッドナイト・ラン他

買ったDVDとCDが届いた。
先日書いたとおり、「炎のジプシー・ブラス」のDVDと、ファンファーレ・チォカリーアの「Radio Pascani」。
サントラを買おうかと迷ってたんだけど、結局バンドの1枚目のアルバムにした。
スタジオ録音のためか、想定してたよりも響く響く。そして速い。

で、週末にレンタルDVDが安かったので、5枚借りてきた。

「ミッドナイト・ラン」鑑賞。
警察をクビになって賞金稼ぎをしている主人公と、ギャングの裏金を横領した会計士のアメリカ横断の旅。
ギャング、他の賞金稼ぎ、FBIにも追われて、飛行機・列車・バス・車と乗り継ぎながらの旅。
今現在の映画に慣れてるとなんとも牧歌的でのんびりした逃避行だけど、逆にその雰囲気が良くて、全編にやにやしつつ2人の会話を楽しめる。

なんでこれを見たかというと、3年前にさかのぼる。
その頃、「落下の王国」という映画を見て、こんな感想をmixiに書いていた。

何年も前に触れた物語の内容を、時折思い出してはついつい考えこんでしまうことがある。
これは3年前に見た別の映画の話だ。

主人公は事故で首から下の自由を失った男。
彼は、自由に生きられないのなら生に意味はないと、自殺する権利を求めて裁判を起こす。
自殺するためには、他人の力を借りなければならないから。

カトリック信者が多数を占めるその国で、そんな主張が認められるわけもない。

そして、彼は最後に、あまり賢いとはいえない女性を愛情でもって利用して、目的を遂げる。

自殺が悪いとか悪くないとかいう話ではなくて、その映画の読み解き方はいくつかある。
例えば主人公はその国の中でも貧困層の多い地方で、貧しい家に暮らしている。つまりそこで姥捨て山ですよ。けれどその家族はカトリック。宗教と愛に縛られている。
主人公と、働けない者を抱えた貧しい家族が生き難いその国の社会状況を強烈に批判してもいる。
そんな描写がありつつも、描かれる風景は美しく、人々の眼差しは穏やかで。

いい映画か、と聞かれたら、うんと答えるしかない。
けれど、私は主人公が気に入らない。自ら死ぬために使った手段が気に入らない。
穏やかな目の人が自ら死を選ばなければならない状況が気に入らない。

だから私は、

でたらめでもありきたりでもいいから、物語が人を救うところが見たかった。


えーと、「落下の王国」の感想とかいってここで書いてるのはさらに3年前に見た「海を飛ぶ夢」の話だったりする。
ひどくまわりくどい。

この日記を書いたときに、勧めてもらったのが「ミッドナイト・ラン」だった。
これを見て、確かに「落下の王国」を見て、見たくなったのはこういう映画だと思った。

自分が触れた物語は、ジャンル問わずどこかで繋がっている。
そして、この映画との出会いをくれた方に感謝と、なんかもう3年も放っておいてほんとすみません。
 
posted by すずる at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2011年11月25日

炎のジプシー・ブラス

先日、「アンダーグラウンド」を見てすっかりジプシーブラスが聞きたくなってしまったので、ドキュメンタリーを2本レンタルしてきました。

スペイン、ルーマニア、マケドニア、インドの4カ国の5バンドがアメリカをまわるツアーの「ジプシー・キャラバン」と、ルーマニアのファンファーレ・チォカリーアがメインの「炎のジプシー・ブラス」。

……すっかり堪能しました。

はぁ……1日の厳しい労働を終えて、夜、あかあかと火が燃えて、爺ちゃんがフィドルを出してきて、腕を組み、肩を組み、速いテンポでくるくる、くるくる、いつまでも踊りたい。

管楽器とタテ乗りがけっこう好きなので、ファンファーレ・チォカリーアはかなりツボにはまりました。

ルーマニアの田舎の風景が凄くいい。
赤ちゃんの洗礼式とか結婚式とかそういう映像もすごく良かった。
『吸血鬼ドラキュラ』でヴァン・ヘルシング教授がドラキュラ城に向かって旅をする場面。言葉もうまく伝わらない現地の村人たちに魔除けの印をきられながら馬で行く荒涼とした風景……ってこういう感じだったのかなと思いました。
や、列車走ってるし、だいぶ現代的ですけど。

「炎のジプシー・ブラス」のDVDとサントラは、買おう……。

 炎のジプシー・ブラス 地図にない村から

 出版社:ポニーキャニオン DVD
 発売日:2005-06-15
 価格:¥ 4,935
 ASIN: B0009H9ZL4
 【Amazon



 ジプシー・キャラバン

 出版社:アップリンク DVD
 発売日:2009-01-09
 価格:¥ 4,410
 ASIN: B001JBFPZO
 【Amazon


 
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画