2017年06月21日

誕生日。で、カラー診断に行ってきた

今年も無事に誕生日を迎えました。6月生まれなので、年が明けた時と誕生日のちょうど半年おきに抱負とかテーマとか考えてたんだけど、なんかもう健康ならなんでもいいやみたいになってきた。
今年下半期は上半期に引き続き、インプット多めでいきたい。

健康といえば相方の健康診断の結果が届いたが、項目すべてA判定。当然メタボ基準にひっかかることもなく、ストレスチェックも問題なしという健康体だった。
結婚して12年も手料理を食わせ続けて健康なのだから、私の手柄といっていいのではないか?

さて、誕生日はだいたい1万くらい好きに使ってもいい日と決めていて、ちょっといいハンドクリームとか消耗品や雑貨を買ったりいつもよりいい店でお茶したりするんですが、今年は大丸でパーソナルカラー診断を受けてきました。

自分の着る服を見直そうと思うきっかけがいくつかあって、1つは大学の同期と集まったら、みんなそれなりな奥様ファッションで現れたこと。1人浮いた。
それから年配の女性に年齢を間違われること。年いった方からはなぜか若く見えるようで、特に博物館とか行って入館料払うときに「学生さんじゃないですか?」って念を押されたことが何度かあって、あーこれ年齢相応の格好ができてないってことなのかな…と。
それから今年に入ってまた派遣でぽつぽつ外に出かけるようになって、オフィスカジュアルを要求される場面がでてきたこともあります。なんなんだよオフィスカジュアル…。
ありあわせの服で2か月くらい梅田の、東京でいう大手町みたいなとこに通ってたらやっぱさすがにおしゃれなお嬢さんが多い。

考えてみたら、30代に入って崩れゆく体型に(ダイエットしてから服買お)とか思って一進一退を繰り返しているうちに年月が過ぎて、すっかり全身ユニクロになっていたという。
ファッションにそう重きを置く気はないんで、普段着は今まで通りカジュアルとかゆるい格好でいいんだけど、ちょっとオンの時というか…軽くおめかしして出かけたい時に自分が何を着ればいいのか、何を着たら似合うのか、そもそも自分がどんな服を着たいのかが、さっぱり分からなくなっていました。

そんなこんなで、第三者に客観的に見てもらいたいと思ってたところ、カラー診断というものがあることを知り、近場では梅田の大丸で手頃な価格でやっていることが分かって予約。
受付で「予約取るのが大変だったでしょう」と言われたけど、ちょうどカレンダーを開いた時にキャンセルが出たのか1時間だけぽっかりと空きがあったので、そこに予約できました。
パーソナルカラー診断45分3240円。

鏡の前に座り、色の系統ごとに4つの季節に分けられた色の布を1枚ずつ胸元に当てて、自分の顔映りを見ていきます。赤系の色を春夏秋冬4枚、青系を4枚、って感じで。
サマーとウィンターは青が入ったブルーベース、スプリングとオータムは黄色が入ったイエローベースらしい。
同じ赤系でも、季節によって分けられた色でそれぞれ顔色が違って見えるのが鏡に向かっているとけっこう実感できます。

自分でも薄々分かってたけど、私はオータムでした。同じイエローベースのスプリングだと顔がほんのり白く明るくなるけどちょっとメリハリがなくなる感じ。スプリングカラーの後にオータムを当てると、顔色につやが出て、いかにも馴染みがいいのがわかりました。
ウィンターとサマーは顔の色が暗くなって若干ほうれい線とかくっきりしてくるという恐怖。
ただ私は顔が濃いめなので、ウィンターカラーの鮮やかな色も案外いけるので、捨ててしまうのはもったいないと言われました。
顔が強いって5回くらい言われた。

オフィスカジュアルで悩んでいたのでそのことを言ったら、ベースカラーは茶色系がよくて、グレーは×、黒より紺で、ということであとインナーの色やスカーフを巻くといいとか配色を教わったり。
マスタードっぽい黄色とかオレンジとかあまり着ない色だったけど、あててみたらしっくりきたので意外でした。
あとはメイクカラーと、アクセサリーの色とか。

ちょっとした面接とか面談のときに、無難かと思って白い襟付きシャツを着てってたけど、手持ちの真っ白シャツは私には合わなかったらしい。そうかー顔色悪くなってたかー。私の場合は白なら生成りとかアイボリーとかがよいそうです。
考えてみれば、自分の顔を明るくするのに頑張って化粧してるわけで、それが着る服のインナーとか襟元のカラーで変わるならば、試さない理由がなかった。

なんとなく自分でもこの色がしっくりくるなーと思ってたのがお墨付きをもらえてはっきりしたのと、意外な似合う色を教えてもらえたのとで、かなり良かったです。
ただ時間内にこう喋るってある程度進行が決まってるみたいで、どっかで質問できるタイミングあるかなと思ってたらなかったので、聞きたいことがあったら事前にまとめておいて早めに伝えた方がいいかも。

こうしてなにかわかった気になったところで、次は実際に服を買う番だ。
posted by すずる at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2017年04月11日

ネット不調とか我が家激震とか

家のネット回線が夜になると激重なのが1ヶ月以上続いていて、画像がろくに開かないから色々捗らない。
プロバイダが原因らしく、家族が問い合わせを出したら調査中、いつ対処の目処がつくかというか、対処できるかどうかも不明という体たらくなんで、プロバイダ変更するか、いっそ光ごと乗り換えるか迷っている。
ただなかなか手続きする気力がわかなくて、ろくに読み込まないストレスに甘んじている。

ネットがいまいちなので、ネット使わないゲームに余暇を費やしてる感もある。と、ゲームばっかしてた言い訳。

そういえば日記が滞っていたけど、2月に我が家激震の出来事があった。
旦那の会社、夏に吸収合併(される方)。
まあ今までに子会社化、グループ会社同士での合併と段階を踏んできたので、親会社に吸収されるのは予想できなくはなかったけど、わりといきなりだった。
とりあえずオフィスが引っ越すかどうかが今は気になっている。
社員の交通費とかあるし、あんまり遠くや、今までと縁のない沿線とかには引っ越さないと思いたいけど、京阪沿線とかなったら阪急民としては微妙だなー。
あと給料下がらないといいなーとか。
親会社のIR読んだら人は足りないみたいだし、待遇悪化したら働き盛りが流出するだけだからそう変わらないと思いたい。
とりあえず会社が変わる前の最後のボーナスが無事に出ますように。
posted by すずる at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2016年12月31日

暮れました

クリスマスから大晦日は毎年特別な週という感じがしているけれど、今年は特に忙しかった。

今年は同級生が病死した。
と言っても向こうはクラスの中心人物、こちらはコミュ障のオタクだったので接点もなく、卒業以来顔を見たこともなかったが、同い年の死は心をざわつかせるのか、何人かと連絡をやり取りした。
いろいろな考え方が少し変わるきっかけになったと思う。

今年はなんだか…一生続く2つの劣等感と付き合いあぐねた1年で、自分の性格のうちでも最もネガティヴな面が前面に出て、小さな物音に過敏に反応してしまうような、いつか自分は一人ぼっちになるのだと諦観して心構えしているような年だった。
こういう考えは私を救わないし、そばにいる人も、そばにいてくれようとした人も幸福にはしない。
わかっているのに消極的な態度が改められなかった。

2011年に、とある人が「機嫌がいいというのはかけがえのない資質だ」と書いてるのを読んで、なるほどそういう人物は好ましいと思い、自分もそうあれば望ましいと思っていた。
どの程度できているかは自分ではわからないが、自分の年齢にプラス5歳したくらいの、理想の人物像を思い浮かべたとして、積極的ににそれに自分を寄せていくような、そういう心がけをしていきたいと思った。この年末に。
posted by すずる at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2016年12月25日

クリスマスプレゼント

今年は23、24、25日が金土日で3連休だったので、部屋の片付けや年賀状の準備をしたり、クリスマスの買い物に出かけたり、25日は終い天神で京都の北野天満宮に行ってきたりしていた。

クリスマスプレゼントは夫婦でお互いの欲しいものを一緒に買いにいくようにしている。
旦那の使っている定期入れが、結婚前のお付き合いしていた頃に私がプレゼントしたものでもうすっかりぼろぼろになっていたので、いいかげん買い替えることになった。ついでにキーケースも。

IMG_6631.jpg

それで、私は10年日記帳を買うことにした。
最近ブログに母が10年日記帳を使ってると書いたのがきっかけで、そういえば自分もやってみたらいいんじゃん、と思ったので。
twitterやブログがあるけど、ネットにはこれは書かないと決めてるルールがあって、まず日常的な行動範囲が読めそうな行動、お店のことは書かない。
それからネガティブなことは書かない。面白くないとか楽しくないとか、嫌なことがあったとか、あまり良くないことが頭に浮かぶとか。
というのは、嫌なことがあってもさっさと忘れたい方なので、ふと過去の文章を読み返した時にネガティブなことを思い出させられるのが嫌なのと、私は予言の自己成就というのを妙に信じてしまっているので、悪いことを書いてそれが現実になるのが本当に嫌だから、特にネットでは匿名でもネガティブなことを書かないように気をつけている。
あとはニュースとか政治的なこととかも極力触れたくない。

まあでも個人的な日記帳なら、調子が悪いとかそういうことも書いておけるし、案外そういうのがメモとして必要になる気がするので、1/1から使おうと思う。
三日坊主になりがちなので、あっさり放り出さないように気をつけたい。

それからロフトでリースも1つ買った。クリスマスグッズは年に1つ増やしていく。

クリスマスイブの夕食は、鶏やパンやケーキを買ってきて、自分ではアヒージョとカブのピクルスだけ用意した。
お酒はこだわりないのでただのアップルサイダー。適当でも手持ちの中でいい食器を出したら気分は上がる。
手の込んだごちそう作る人は尊敬する。

IMG_6633.jpg

パンはポール・ボキューズの。がっつりチーズ系の味が好きでたまに買う。
posted by すずる at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2016年12月19日

昔話

自分語りをするとドーパミンが出るとこの前見かけたけど、頷ける。ブログにだらだら昔話を書くだけで快楽物質が出てくるんだからこれほど安上がりなことはないよなー。

ちょっとマニアックな趣味に目覚めた時に、ネットがあったかどうかってけっこう大きな意識の差に繋がってるかもなーと今日はそんなことを考えていた。

最初にオタク的なものに触れたのは小学生の時で、友達に連れられて古本屋さんに行ったら、中古の同人誌が棚の1段分くらい、1冊50円とか100円とかで置かれていた。
私の家は基本的に漫画アニメ禁止の家だったので(ドラえもんのみ許可)、見てない聖闘士星矢のいきなり同人誌を読んじゃうという倒錯した出会い方をしてしまったわけだけど、近所のお姉さんとかお兄さんとかに色々教えてもらうっていう流れがまずあって、そこからだんだんその手の趣味の雑誌があるとか、市内でも小さな同人誌即売会があるらしいとか知って、自分から手を広げていったのだった。

ネットがないと、対価を払わずに誰かの二次創作を見るってことがまずありえなかった。(身近な仲の良いオタク友達とやり取りするのを除いて)
雑誌の投稿欄とか、商品として売られてるアンソロジーコミックとか、即売会で同人誌を買うしかない。
地方都市の中学生の手が届く範囲のものが全てで、今みたいに特定のジャンルにはまるというよりは、手に入る範囲のジャンルを手当たり次第に読むって感じだった。
わりとみんなよろずジャンルが普通だったというか、よろずっていうのはもう死語だろうか?

ネットのない頃、最も重要な情報源は雑誌だった。そこにだいたいお友達募集のコーナーがあって、趣味、今で言うジャンルが合いそうな相手を見つけて文通。
便箋にびっしりお手紙を書いて投函したらお返事が来るのが待ち遠しくて、毎日学校から帰ってきてポストを覗くのが楽しみだった。
文通、交換日記、リレー小説、あの頃のオタク同士のやり取りって今思うとのんきな速度で、でも濃密でもあった。

ミステリにはまったときはもうネットがあったので、掲示板経由でたくさんの人と出会って、夜を徹してチャットでおしゃべりして、ほんと時間を蕩尽してきたと思う。
今現在やり取りしてる友達はもう、学校や職場で出会った人よりネットで出会った人の方が多い。
ネットがあるなしでいうとあった方が趣味の仲間と出会うという点では絶対いい。

落ちは特に無い。今はなんかしら気になるタイトルがあればまず検索、pixivで探してtwitterで検索して…でたくさんの情報が見られるけど、さらっと消費するだけであまり熱を持ってどうこうっていうのは減ってしまった。
SNSではすぐに誰かとやり取りができる。仲間と出会うこと、リアルタイムで本当に好きなもののことを話すことの楽しさもたっぷり知ってるけど、誰かのレスポンスを待っている間に、どんな返事が来るだろうと想像したり、今度はこんなことを書こうとあれこれ考えて練り込んでいく時間も良かったなーという話。

本当に欲しいものは自分で作るしかないという原則だけは変わらない。
posted by すずる at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常