2017年10月29日

イケフェス 中央電気倶楽部

大阪市内には倶楽部が3つある。
公開見学会がある大阪倶楽部、日本綿業倶楽部と違い、会員制で内部非公開の中央電気倶楽部は、なかなか入る機会がない。
建物の前はよく通るので、気になっていたのだが、なんの縁もない一般人が入り込むにはイケフェスが(多分)唯一の機会……ということで、特別公開に申し込みをしていた。
当日は台風が来ていて、朝から警報が出るか出ないか天気情報を見てはやきもきしていた。

中央電気倶楽部。大正3年に設立された社交クラブで、今の建物は昭和5年に竣工した3代目。

IMG_8856.JPG

設計した葛野壮一郎は他に弁護士のテナントが入る大江ビルヂングなどを設計していて、初期のオフィスビルを日本に導入したそう。

個人で楽しむ分の写真撮影はok(ネットにあげるのは×)ということで、写真をとりまくってきた。
あと中に入れないと思ってたけど、1階にある喫茶室は実は会員以外でも使えるそう。

中はトラバーチンという石材がとにかくふんだんに使われていて、あと階段や段差が細かくある。
広い部屋を段差を使って機能を分けているそう。ロビーとビリヤード室だと天井の高さが違って印象が違う、とか。
あと階によって壁面が石中心だったり幅の広い木材中心だったりで、かなり印象が違った。
4階のホールとか3階の大食堂とか、5段程度の手すりつきの石の階段を上がって重厚な木製の入り口から入るという、アプローチが特別感がある。

マッサンとか関西制作のドラマなんかで撮影に使われることもあるそうで、知らずにこの建物内部を見ているということもあるかもしれない。

和室とか囲碁室なんかも見せていただいて、堪能してたらあっという間に時間がきた。

この日は足元が心配だったので早めに帰宅したけど、また都合があったらイケフェスの機会にあちこちまわりたい。
タグ:建築巡り
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩

2017年10月26日

イケフェス 関西大学ツアー

大阪で近年やっている生きた建築ミュージアムフェスティバル(イケフェス)、なんだかんだと予定が被って参加できていなかったのが、今年は行けそうだったので、ガイドツアーに応募した。

その一つ、関西大学キャンパスツアーに参加できたので、見てきたものをメモしておく。
関西大学千里山キャンパスには村野藤吾の建築がけっこうあって、わりと家からも近いのだが、大学って関係ない人が入っていいのかいけないのかよくわからないし、建物の写真を撮ってて「学生を撮っただろ」とか言われてもやだなーと、なんとなく気が引けて行ったことなかった。
なので、こうして堂々と参加できる機会はありがたい。

関西大学はとにかく広かった。在籍者数は3万人くらいいるらしい。多い。関西大学前駅で降りて大学正門までほとんど学生しかいない。
集合時間までお茶でもしようと思ったら、喫茶店がなかなかない。歩いても歩いてもラーメン屋ばかり。

村野藤吾は関西大学の建築に30年くらい関わっていて、その建築は40くらいあったけど解体建て替えとかで半減して今は19か20が残っているそう。
教室や研究室のある学舎だけでなく、円形の元図書館、ホールや課外活動で使われる茶室など。あと解体して新築工事中だけど体育館とかもあったそう。

村野藤吾の千里山キャンパス初の作品だった旧大学院学舎は建て替えられて岩崎記念館になっている。
窓が各階層によって違う…自分の写真だと分かりづらいけど、1階はへこんでいて、2、3階はフラットで、4階は出っ張っているというのが面白かった。

IMG_8646.JPG

あと、茶色系のレンガ風タイルの外壁の建物が多いけど、それぞれに違いがあった。
タイルが小さい第1学舎2号館

IMG_8636.JPG

研究室1号棟は建物の正面と側面でタイルの表と裏を使い分けているそうで、凹凸が違い、日が当たった時に陰で表情が変わるそう。

IMG_8641.JPG

学生の課外活動の誠之館。このごわっとしているのは、コンクリートブロックの裏面なんだそう。

IMG_8674.JPG

こういう外観の素材感と、大きな建物でも単調にならない工夫みたいなのが村野らしさなのかなー。

キャンパス内には円形の建物が2つあって、どちらも旧図書館。

IMG_8739.JPG

簡文館は今は博物館なので、開館時は自由に来られそう。この時は縄文から古墳時代の考古資料が展示されていた。

IMG_8626.JPG

窓とバルコニーとタイル、上の方の開口部が外から見ると印象的だけど、資料室は展示で窓が塞がれているので、中からは見られないのはちょっと残念。

あと中にはあの、村野藤吾といえばこれ!ってかんじの階段があった。あと扉の把手とかもオリジナルのものが残っているそう。

IMG_8745.JPG

IMG_8737.JPG

円神館はITセンターになっていて中は見られなかったけど、どこから見てもあの中の部屋どうなってるんだろうと思う。

IMG_8700.JPG

IMG_8708.JPG

IMG_8738.JPG

そして第3学舎1号館は中に入らせてもらえた。
消防法のため吹き抜けの階段にパネルを設置しなければならなくなったそうだけど、これ吹き抜けのままだと、かっこいいけど高所苦手な自分は使うのが怖いと思う。

IMG_8717.JPG

IMG_8730.JPG

ガイドを聞いていて印象に残ったのは、学生が集まる空間づくりと、あと現役で使われる建築であるために、解体されたものもあるけれど、残った建築は耐震基準を満たすための色々な工夫をして使われているということだった。

ツアーに参加させてもらって感謝しつつ帰宅。
タグ:建築巡り
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩

2017年08月24日

播磨のお寺巡り

春に快慶展を見てから、播磨別所の浄土寺で快慶の阿弥陀三尊に会いたい気持ちが高まっていたので、夏休みに関西に来られた白梅軒の川口さんを誘ってレンタカーを借りて兵庫県のお寺巡りをしてきました。

写真が多いので続きに。
続きを読む
タグ: 仏像
posted by すずる at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩

2016年08月07日

常滑さんぽとライブミュージアム

タイルに興味を持ったきっかけは、新婚旅行の時に見たスペインのタイルだと思う。ガウディのグエル公園。
それで、大阪のLIXILギャラリーに何度か企画展を見に行ってて、常滑にライブミュージアムがあるというのを知り、いつか行ってみたいと思っていた。
動機はもう一つあって、LIXIL出版て建築もだけど民俗系とか面白そうな、手元に置きたいような本をいろいろ出してて、特に欲しいのは品切れなんだけど、本元のギャラリーショップに行けばちょっと古いのも現物見れたりしない?並んでたりしない?という気持ちがあった。

で、夏に家族旅行のために帰省した時に、常滑まで出かけてきた。実家からはJRと名鉄乗り継ぎで2時間半くらい。
ライブミュージアムまではバスも出ているようだが、せっかくなのでingressの Welcome to Tokoname!! ミッションをオファーして、やきもの散歩道をぶらぶらしながら行くことにした。
常滑駅スタート。

IMG_5903.jpg

信楽は狸が出迎えてくれたけど、常滑は招き猫だった。

IMG_5905.jpg

この手作り感嫌いじゃない。

IMG_5907.jpg

IMG_5912.jpg

歩いていくと焼き物の町ならではの煙突のある釜が見えて、気分も盛り上がってくる。
あとなんか土管が多かった。
けっこう入り組んだ迷路のような道をのぼったりまわったり、趣のある町並みで、いい散歩道だった。
瀬戸内の島に雰囲気が似てる気がした。

IMG_5916.jpg

登釜はでかかった。たぶんミドコロは他にもあるんだけど、真夏のことであまり立ち寄る余裕はなかった。

IMG_5923.jpg

神社の狛犬も当然焼き物。

そうこうしているうちに、ライブミュージアムにたどり着いた。

IMG_5933.jpg

IMG_5926.jpg

お昼はちょっと奮発。

ミュージアムの展示の方は、フランク・ロイド・ライトが帝国ホテルの壁にレンガを希望したことから常滑に帝国ホテル煉瓦製作所ができて、それが後のINAX-LIXILであるっていう歴史もわかった。
焼き物を温度別に、素材や技術の視点から並べて見るという展示が面白かった。七宝の隣に経筒。
岩手の鍛冶神図、三宝荒神がふいごの上に立ってる図を知ったのも良かったなー。
タイルも漫喫したけど、あとは美しい染付便器が印象に残った。

IMG_5938.jpg

IMG_5939.jpg

還情園池紋製とか、美しい。あと織部の便器!
1891年の濃尾大震災でいろいろ壊れたとこから需要ができたのと、大正初期に衛生観念の向上から吸水性のない磁器製が主流になったとか勉強になりました。
近代建築巡りをしても、当時の便器がそのまま残ってるってとこはめったにないというか見たことないし、貴重なものが見られました。

……物販には本は全然なかった。

ミュージアムを出て、ミッションがてら海沿いを歩き、常滑駅でゴール。

IMG_5937.PNG.jpg

散歩とミュージアムは漫喫したけど、他の見るところや肝心の常滑焼のお店は全く見なかったので、また改めて遊びに行きたい。
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩

2016年06月08日

契約

GWの雨の日に、旦那と2人で万博公園に行って、みんぱくのレストランでガパオライスを食べている時にふと、

IMG_5228.jpg

若い頃にはっきり思い描いたわけじゃないけど、なんとなく理想だった生活ができてるなーという、満足感というかなんか納得した感じがありました。
結婚して、2人ともまあ健康でなんとかやっていて、休みの日は公園を散歩してちょっとしたランチを食べて……みたいなん。
博物館とか美術館のレストランて若い頃はちょっと割高で、滅多に入ったことなかったからなー。
今でも1人メシだったら普通にファーストフードとかパンとかで済ませるけどなー。

この日のみんぱく、夷酋列像展は素晴らしく、雨のため公園の花の丘もほぼ独占。

IMG_5231.jpg

それから建設中の大観覧車もじっくり堪能。最高でした。

続きはちょっと生々しい金の話です。
 
続きを読む
posted by すずる at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩