2008年04月12日

着物でお出かけ

 着付けで通っているお店、COROMOさんの春のイベントで、着物でお出かけしてきました。

 着物女子(男子も少し)が20人ほど集まって、桂のピッコロモンド・ヤマダでランチです。

2008_04120018.jpg

 店内は白い壁、黒い大きな梁。カウンターの前に釜もあり、いい雰囲気。
 胡麻油を作っている山田製油の直営店ということで、メニューも胡麻づくしのイタリアンでした。

2008_04120008.jpg 2008_04120011.jpg

 前菜、パスタ、メイン、ピザ、デザート、コーヒーと堪能しました。
 胡麻を練りこんだ手打ちパスタが、あさりと桜海老としらすの出汁がよく出たスープと良く合います。
 ピザは香ばしい炒り胡麻が甘く、ちょっとデザートっぽい一品。チーズに意外と合いました。

 隣の売店で、お土産に胡麻油と胡麻ラー油とふりかけを買ってしまいました。

 食事の後は、COROMOに戻って抹茶とわらび餅を頂いてまったり。
 イベントは夜まであったのですが、行きたい所があったのでお土産をもらって移動。

 大山崎山荘美術館の企画展、「柚木沙弥郎 染の仕事」を鑑賞。

 2008_04120027.jpg

 民藝運動、特に芹沢_介に興味があるので、染めの仕事と言われると見逃せません。
 展示数はそれほど多くないのですが、何しろここはロケーション自体が最高なので、ソファに座ってのんびり鑑賞。
 大根とたこが良かったなあ。あんな暖簾かけたい。

 ついでにばっちり安藤建築も堪能ですよ。
 一歩足を踏み入れ、階段を下り、振り返った時のスケール感が面白いのです。

 開館時間いっぱいまで過ごして、梅田に戻り、お茶して帰宅。

 一日着物で移動したので、歩くのが(山荘までの坂が特に)少しつらかったけど、たまには良いですね。
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩

2007年10月21日

プラネタリウム

 急にプラネタリウムを見に行こう! ということになり、科学館へ行ってきました。

 普段はほとんど星なんて見ていませんが、今夏、直島で見た星空の記憶がまだ新しいので、たまには星を見るのもいいなあ、なんて。

 1日数回の上映のうち、どうやらプログラムが回によって違うらしく、人気のある15時の「銀河鉄道の夜」は、13時時点で既に満席でした。

 私たちは、学芸員の方が案内してくださる普通の回のチケットを購入。

 さて、プラネタリウムです。

 プラネタリウムの記憶というと、プログラムに従って音楽とナレーションが流れるものと思っていたのですが、今回私たちが見たものは、学芸員の方がわかりやすく面白く、星について色々と教えてくれるもので・・・・・・なんだか講義を聴いてるみたい。

 今日の大阪の日没から始まって、今晩見える星、見分けやすい星座、それから惑星のこと。
 あっという間の45分で、終わった時にはもう夏の大三角がすぐにでも見分けられそうになっていました。

 せっかく科学館へ行ったので、こども達に混じって、展示も見てきました。

 学天則プロジェクトというのが来年始まるらしく、相方が微妙に反応していたことを付記しておきます。
posted by すずる at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩

2007年08月11日

古本まつり@下鴨神社

 .\

 下鴨神社の古本まつりに行ってきました。
 着いたのはお昼前だったので、とりあえずお参りして、神社近くの喫茶店でランチを食べてから突入。

 想像していたよりもたくさんのお店が出ていて、全部の店を軽く一通りまわったら、15時過ぎていました。

 森の中なので、京都市内の他の場所に比べたらずっと涼しいし日陰も多いですが、やっぱり熱中症対策は必要ですね。
 あちこちでぐったりした人を見かけました。

 数冊悩んだものもあったのですが、結局買ったのは、均一棚だけ。

 『五つの壺』 M・R・ジェイムズ、G・マクドナルド ハヤカワ文庫
 『罪人は眠れない』 アーナス・ボーデルセン 角川文庫

 あと、泡坂妻夫の帯つき単行本を3冊購入。

 梅田に戻って、ヨドバシでテイルズオブジアビスを購入。

 ヨドバシに新しくオープンした豚肉屋で飲み食いして帰宅。
posted by すずる at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩

2007年08月04日

淀川花火

 淀川の花火大会でした。
 毎年、淀川の河川敷から脱出するのに苦労するので、今年はちょっと離れたところに陣取りましたが、やっぱり迫力はかなり違う。
 来年はまた人込みにもまれようと思います。

 来年行く誰かの役に立つかもしれないので、淀川花火大会メモ。

 最寄り駅は、十三会場が阪急十三駅、JR塚本駅で、大淀会場は阪急&御堂筋線中津駅。

 有料席は、納涼船18000円、十三会場6500円、大淀会場4500円。

 時間は19:50から。

 会場は砂場なので、ビニールシートなどが必要です。
 大淀会場で見る時は、河川敷に降りると店がないので、降りる前に飲食物を確保しましょう。
 十三会場は出店いっぱい。

 帰りはどうしても混みます。
 十三会場で見終わって、河川敷から脱出して十三駅にたどり着くまで、へたすると1時間くらいかかります。河川敷や、商店街入って駅までずっとラッシュアワー並。

 渋滞に我慢できず、堤防をえいやっとのぼっていく浴衣の女の子を見るのはかなりどきどきです。

 大淀会場から梅田(大阪)駅まで歩く場合は、十三側ほどは混まないけれど、JRの線路をくぐる道が一方通行に規制されてたりして、そのあたりで混むので気をつけましょう。
 去年、大淀会場で見て、梅田まで歩いた時はやっぱり1時間くらいかかりました。

 会場で見るとそれだけ混むってことで、じゃあちょっと離れたところから見たらどうだ、というと、梅田のスカイビルの空中庭園は良い立地なんですが、それだけに人もいっぱい。
 阪急ターミナルビルの17階の店では、花火大会の日は予約制という張り紙を見ました。けっこうそんなことしてるお店もあるようなので、探してみるのもいいかもしれません。
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩

2007年02月04日

節分

 2/3の節分に、壬生寺と吉田神社をはしごしてお参りしてまいりました。
 京都へ行く時はいつも阪急電車に乗るので、便の良い壬生寺から先にまわることにします。

 大宮で降りて、大宮通を下って仏光寺通りを西に入りました。
 四条を西に行って坊城通を下るのが本当なんでしょうけれど、そちらはえらい混み合いますからね。

 入り口はもう、すごい人。
 適当なところで炮烙(ほうらく)を入手して、その場で姓名年齢、あと家内安全とか願い事を墨で書き入れ、奉納。

 この炮烙を納めることでその年の厄除けになるそうで、訪れた人たちは皆熱心に筆を握っていました。
 奉納した炮烙は、4月の壬生狂言の際にばりばり割られるそうです。

 お参りを済ませて、狂言堂では毎時0分から壬生狂言の奉納があるということでしたが、行列を待つ根気がなかったので、すぐに移動することにしました。

 一旦大宮駅前に戻り、203系統のバスで百万遍に移動。

 百万遍でバスを降りて、京大に沿って東大路を下り、東一条通に入ると、すぐそこからずっと道の両側を露店がしめ、えらい人込みです。
 その人込みは吉田山の方までずっと続きます。
 お参りを済ませて、福豆をいただいて、大元宮までのぼってまたお参り。
 節分祭の行事自体は日が落ちてからという感じなのですが、日中もすごい人出です。

 節分らしいなと思うのは、イワシを売る露店がところどころに並んでいること。
 イワシを炙ったいい匂いがただよってきて、相方は「ここに猫を放ちたい」などと言っておりました。

 帰りのバスや電車はやっぱりどうしても混むので、四条河原町まで休憩しつつのんびり歩き、帰宅しました。
posted by すずる at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩