2018年05月05日

3、4月に読んだ本

3月、4月に読んだ本は6冊でした。

『MONKEY vol.14』
『丘』 ジャン・ジオノ
『翻訳夜話』 村上春樹、柴田元幸
『不思議の国のアリス』 ルイス・キャロル
『鏡の国のアリス』 ルイス・キャロル
『バッタを倒しにアフリカへ』 前野ウルド浩太郎

『MONKEY』は感想を書いたので、それ以外をちょっとだけ。



『丘』
ヘンリー・ミラーの『わが読書』に載ってたジオノ讃を読んで気になっていた。
フランスの丘っていうかわりと山の上の小さな集落での生活。そこではほとんど自給自足みたいなもので、けれど泉と畑があって1日働いたら夕暮れはテラスに集まって自家製の酒を飲んでまったりおしゃべりするような生活。
それが、寿命が近い老人が倒れた時から自然が別の顔を見せ始める。いわゆる自然が牙をむいてくるというやつ。幻視。
読んでる最中はなかなか文章に慣れなくて、ひっかかりながら読んでたけど、読み終わってどんな物語だったのか、作中で何が起きてたのかを思い返して再構築すると、けっこういい読書体験だった気がする。
むしろ小説よりも詩っぽいのかな、翻訳だと分かりにくいやつかも。




『翻訳夜話』
村上春樹と柴田元幸の翻訳に関する対談は雑誌『MONKEY』に載ったのを何度か読んでたけど、この本は聴衆がそれを学んでる学生などなので、雑誌より具体的というか実践的なやり取りに感じた。
ていうか学生のする質問が知的でレベル高くて驚く。
翻訳だけでなく文章の書き方についても学ぶことが多かったので、ゆっくり消化したい。
もう1冊買ってあるので読むのが楽しみ。




『バッタを倒しにアフリカへ』
なんか面白そうだったので買って読んでみた。フィールドワークする学者の話が好き。モーリタニアの生活や、サハラ砂漠でのフィールドワークの話、それから著者が雇ったドライバーの話が面白かった。
著者も言ってるけどブログみたいな文体でだいぶ読みやすかったけど、研究が結局どうなったのかがはっきり書かれてないので物足りないという気持ちもあった。
何はともあれこの本が売れて著者の研究の足しになっていたらいいと思う。それで次の本が出ればさらに良い。


あと、『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を読みました。ずっとむかし子ども向けの本で読んで以来。
ちくま文庫の柳瀬尚紀訳で。
ちっさな頃はトランプの女王が怖かった記憶しかなかったけど、今回読んだらそういう感じはなかったなあ。女王が出てくる場面もどこかコミカルで、視点がより客観的な感じ。
翻訳の違いなのか自分が大人になったせいなのかは分からないから、また時間があったら今度は角川文庫で読んでみようと思う。
posted by すずる at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ

2018年04月30日

MIHOと安土

GW初日、関西に来ていた川口さんを誘ってレンタカーで滋賀を回ってきました。
最初に行ったのはMIHO MUSEUMの「猿楽と面 大和・近江および白山の周辺から」展。
猿楽成立以前の追儺式の鬼の面など、それから猿楽の大和、近江、白山周辺ということで石川、福井、岐阜の面、面打ちである井関家の面、最後に狂言の面と、ほんとに最初っから最後まで面づくし。

能面のようって言ったら、表情がないというか表情が固定してて変わらないこと、特にあの若い女の面をイメージするけど、こうして各地の面が並べられたのを見ていくと、それぞれが違う、個別の表情を持っているのを強く感じた。
面が纏う雰囲気というかニュアンスが。
特に静岡の息神社の一連の面と、岐阜の小津白山神社の顔がぐにゃっとなった三番叟には惹かれた。

井関の面の、おもてに署名がしてあるっていうのは見ててちょっと異様な感じがしたなあ。塗ったら見えなくなるとはいえ。

あと信西古楽図のパネルの中にいた新羅狛っていうのが、2本足で立ってて頭と両手足の先が狛の頭になってるのが面白かった。
目録と一緒に面の種類の資料があるのも良かった。

MIHOはなんか行くたびにちょっと異界に足を踏み込んだ感じがするなあ。あのトンネルを通るアプローチからして。

IMG_0366.jpg

MIHOを出て、途中でお昼を食べて、次は安土城考古博物館へ。
「武将たちは何故、神になるのか」展。
前に書いたかもしれませんが、私は人が鬼とか神になるのに興味があって、このタイトルに惹かれて行きました。
思いがけず神像祭り。思いがけなくもないか。
地元の浜松の細江神社から室町時代の神像群が来ていて、へ〜こんな神像があったとはーと驚かされたり。
あと女神像の中に納入品があって、これ以上ないってほどの神仏習合っぷりでした。
それから美豆良を結った像もあり、何年か前にここの講座を聞きに行った時に、美豆良話がしたいけどすると長くなるから!って飛ばされて、なんだかわからないなりに面白そうな気配だったのを思い出しました。
信長、秀吉、家康の3人の神格化は、それを支持する宗教勢力によって違いがあるというのもなるほどーって感じで、学ぶことが多かったです。

面白かったけど、展覧会のタイトルがちょっと合ってないかもな?

同行してた川口さんを駅に送って、前から行ってみたいと思っていた阿賀神社、太郎坊宮に行ってみました。
へたれなので上の駐車場まで車で行き、200段くらい登ってお参りしました。

IMG_0378.jpg

夫婦岩も見た。めちゃ景色がよかったです。お参りの後、太郎坊団子を食べて休憩。黒蜜&きな粉が贅沢にのっかっていた。

IMG_0368.jpg

山を下り、竜王のアウトレットに寄ってお茶してお店を見てまわって車を返却。110kmほど走っていました。
新快速で帰宅。
タグ:MIHO MUSEUM
posted by すずる at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館

2018年04月22日

「江戸の戯画」展と映画「北斎」

派遣会社で単発の入力の仕事に行っていたのですが、会社都合で平日に1日休みになったので、お出かけしてきました。

まずは大阪市立美術館の「江戸の戯画 鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」展。

IMG_0342.jpg

鳥羽絵というのは美術館のサイトによると、狭義では18世紀に大坂を中心に流行した軽妙な筆致の戯画を指し、その名称は国宝「鳥獣人物戯画」の筆者と伝えられる鳥羽僧正覚猷に由来するそう。

耳鳥斎という大阪の絵師の地獄絵が、鬼も、鬼にお仕置きされてる人物も苦しんでる様でもなく、なんかとぼけててとても味のある顔つきをしていて、見ていてふっと笑ってしまう。
それから国芳は前期に金魚づくしが9点揃っていて、非の打ち所がない可愛さだった。

IMG_0349.jpg

思わずお土産買ってしまった。

鳥羽絵を見て北斎漫画を見ると、鳥羽絵の人物がだいぶデフォルメされてるというのか簡略化されてるのに比べて、北斎の絵ってかなりリアルというか、肉も骨もあまり省略されずに描かれてる感じがする。
鳥羽絵って描かれた人物が生き生きとしてて、見ていて賑やかな笑い声が聞こえてきそうなんだけど、北斎絵だとそこからさらに絵の世界に引き込まれて、匂いとか空気感まで肌に感じそう。

それから一鶯斎芳梅の滑稽浪花名所で、人は滑稽だけど背景は江戸時代の大阪がよく分かる名所風景をずーっと眺めて、暁斎を見て、鳥羽絵がどんなふうに影響を残したかも分かったし、同じ戯画でも、それぞれの画家の表情や線の違いなんかがよく分かったと思う。

梅田に戻り、スカイビルへ。続いてシネ・リーブルで「大英博物館プレゼンツ 北斎」を見ました。
去年、大英博物館で北斎展をやったということもありイギリスで制作された北斎のドキュメンタリ。
東京や富士山などの風景と共に日本人もけっこう出てくる。版木を彫り、色をのせて刷る職人さんのあざやかな手つき、辻惟雄さんとか研究者、北斎漫画のコレクターの浦上満さん、北斎が信仰した柳嶋の妙見さん、法性寺のご住職などなど。
なんか黒ずんだ2、30センチくらいの妙見さん?の三尊像っぽいのをごとっと置く場面があって、それがまた一瞬で、ちょっとその像もうちょっとアップでとおねがいしたくなった。
北斎の版画が蕎麦2杯程度で買えた時代というのは今の視点だと豊かな文化に思える。
そういう大衆的な文化でこれだけ広範に影響を与え、評価されているというのもあまりないよな。

それからイギリスのキュレーターや研究者さん、芸術家達が実際に絵を見ながら具体的にどこを見てどんなふうに評価しているか。そういう話がたっぷり聞けたのも良かった。

日本では赤富士、凱風快晴が人気があるけれど、オランダのコレクターが色あせた版を持っていて、実はそれが褪色じゃなく北斎の意図した本当の色だっていう話。(映画内ではピンク富士と呼ばれていた)朝焼けの光が当たったピンク?で、富士山の中腹から下の方のグラデーションが美しいの。それが赤富士と並べて展示されていて、あれはいつかこの目でお目にかかりたいものだと思った。

それから印象的だった絵は、晩年に描かれた流水に鴨図。鴨それだけ見たら西洋画っぽい。そういう構図。それに様式化されたっぽい水のラインと日本画っぽい色彩が加わり、全体として洋風なのか和風なのか不思議な折衷になっている感じ。
あと90歳で描かれた富士山から飛び立つ龍の絵も凄かったなー。

家族が夜はゲーム会に参加だったので、合流して晩ご飯だけ一緒に食べて帰宅。
posted by すずる at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館

2018年04月04日

自分用メモ 2018年に行きたい博物館・美術館

自分用のメモです。だんだん追加します。



3/17〜5/13 古代の日本海文化−太邇波の古墳時代− 今城塚古代歴史館
3/17〜5/13 樫田 丹波の山村と仏像・信仰 高槻市立しろあと歴史館
4/17〜6/10 江戸の戯画−鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで 大阪市立美術館
4/28〜6/17 武将たちは何故、神になるのか 安土城考古博物館
3/10〜6/3 猿楽と面 大和・近江および白山の周辺から MIHO MUSEUM
4/14〜6/10 国宝 春日大社のすべて 奈良国立博物館



7/14〜8/26 糸のみほとけ−国宝 綴織當麻曼荼羅と繍仏 奈良国立博物館
7/14〜9/17 海たび 名古屋市博物館
7/3〜9/2 縄文 東京国立博物館



9/15〜11/4 浄土九州 福岡市博物館
10/2〜12/9 オークラコレクション 九州国立博物館
10/6〜11/11 建国1100年 高麗 ―金属工芸の輝きと信仰― 大和文華館
10/13〜11/25 古都大津社寺の名宝U 大津市歴史博物館
10/13〜11/25 西行−紀州に生まれ、紀州をめぐる− 和歌山県立博物館
10/27〜 サヴィニャック展 兵庫県立美術館
posted by すずる at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的メモ

2018年03月31日

花見と泉屋博古館

天気の良い土曜日に花見気分で京都に行ってきました。
丸太町の大栄でお昼。

IMG_0273.jpg

おいしいランチとか色々あると思うんだけど、なんか京都に遊びに行くときはラーメン気分になる。
こちらのお店は素のラーメンでこのチャーシュー量で、満足感が凄い。

それから少しバスに乗って、泉屋博古館で、「付属品と楽しむ茶道具」展を見ました。
茶道具のコレクションが、箱とか仕覆とか添え状とかそういう付属品と共に展示されているという。
会場は着物でいかにもお茶やってますって感じの人がけっこういらっしゃった。めっちゃ貫禄のある和服のおじさんと入り口ですれ違ったけど、あっなんか所作がちがう…って感じで見惚れました。

行った日は後期で、入り口にはまず二条城行幸図屏風。京都の街中の人々が1人1人見てて飽きない。
書は後陽成天皇の「雪月花」が素敵…後陽成天皇が具体的にどの時代のどういう方だったかは知らないけど、書は能筆でけっこうあちこちで見てるので好きになってきた。
あと烏丸光広とか松花堂昭乗とか、野々村仁清の茶入がころころっとあって、これ全部仁清だと…?って1個ずつじっくり眺めたり。
やっぱり何を見ても趣味が良くて、茶入れなんかを入れてる仕覆も、裂地というの?たぶんこれ見る人が見れば凄いものなんだろうな〜と思いつつ見ました。

茶碗は小井戸六地蔵と、黄天目銘燕?がとても好みだった。
それから金属っぽい皿?を花生けにした、舟形釣花入が面白かった。これに花が入ってるとこ見てみたいな。
春翠さんの茶会を再現してほしいなあ。
それから青銅器も堪能して、庭を見ながら休憩。

泉屋博古館を出て、哲学の道が近いので少し様子を見に行ってみた。

IMG_0281.jpg

そこからぶらぶらと疎水を目指して歩いていって、

IMG_0293.jpg

疎水〜鴨川〜高瀬川と桜の下を三条に向けて歩き、マリベルで買い物してまた四条まで歩いて帰宅。
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館