2018年03月26日

高松・愛媛旅行3日め

ホテルの朝食を食べて、ラウンジでコーヒーを飲んで8時出発。

IMG_0226.jpg

まずは、ぎりぎりまで行くかどうか迷っていた札所の太山寺へ。
臼杵の磨崖仏を彫らせたという伝説のある真野長者が一晩のうちに建立したという縁起がある。
港に近いお寺と思ってたら、意外と駐車場から坂を登った。

IMG_0231.jpg

国宝の本堂。50年に一度御開帳される御本尊とあと6躰、合わせて7躰の十一面観音があるはずだけど、さすがに見えない。そのうちのいくつかは遍路展で見たけど。
前回の御開帳は2014年なので、特別な御開帳でもなければ御本尊にお目にかかることはできなさそうだ。

朝早めの時間だったが、もうお遍路さんが何人もお参りしていた。
四国の札所は、今でも巡礼する人のためのお寺って感じがして、物見遊山気分で行くと少し気が引けてしまう。

太山寺から今治まで海沿いの196号線をえんえんと走る。
しまなみ海道に入り、来島海峡SAで休憩した。

IMG_0243.jpg

天気もいいし、海も綺麗。橋がけっこう高いところに見えて、これからあれを走るというのがちょっと実感がわかない。

IMG_0249.jpg

せっかくなのでソフトも食べた。抹茶&塩味。

出発して橋を渡っていると、自転車で走ってる人をけっこう見かけた。気持ちよさそうだが、実際に自分で走る体力はないなあ。
大三島でしまなみ海道を降りる。目的地は伊予国一之宮、大山祇神社。

IMG_0252.jpg

まずはお参り。
ここの目的はなんといっても宝物館。この神社は国宝8点、国重要文化財469点、県重要文化財14点を擁しているんだからそりゃもう見ずにはいられまい。
すごい貴重そうなものがそのへんにごろごろ展示されてるので、感覚がおかしくなりそうだった。人が素通りしてた扁額だって、藤原佐理奉納だもんね。
個人的にお目当てだった斉明天皇奉納といわれる国宝禽獣葡萄鏡もじっくり見てきた。

神社を出て、近くにあった道の駅で多少買い物をして出発する。
石鎚山SAでしらす丼の昼食。

IMG_0257.jpg

15時前になんとか高松にたどり着き、車返却。2日間で590kmくらい一人で運転していたので、けっこう疲れてしまっていた。
高松駅周辺でお土産を買い、高速バスで帰った。
今回の旅行は移動距離をあまく見積もっていて、移動に時間をけっこうとられて現地滞在時間があまり充分とれなかったのは残念だった。
あーあと、今治タオルのマフラーを買おうと思って買えなかったな。道後温泉の商店街で買い物しとけばよかった。
でもあちこちで美味しいものを食べて、3日間天気もよく山や海の景色も堪能したのでよかった。

IMG_0263.jpg

帰りに淡路島のSAで見た夕日が美しかった。

posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年03月25日

高松・愛媛旅行 2日め

2日めの朝。
私は花粉症の期間真っ最中で、朝起きて薬を飲んで落ち着くまでは到底人前に出られないので、早起きしてぐだぐだ。その隙に旦那は朝うどんを食べに出かけていた。
8時にレンタカーの営業所に行って車を借りて出発し、下道を走って9時頃に善通寺の長田in香の香に到着。
並んで、会計を先に済ませて、うどんが出てくるまで大体1時間くらい待ちました。前回行った時も同じくらいかかったかな。
ガチで讃岐うどん巡りするときは、そのくらい待って時間をおいた方がお腹の具合的にちょうど良かったりするけど、今回は私は一食目のうどんだったので待ち遠しかった〜。

IMG_0181.jpg

しかしここの釜あげは待つ甲斐がある。

IMG_0183.jpg
 続きを読む
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年03月24日

高松・愛媛旅行1日め

2泊3日で高松、愛媛に行ってきました。
旅行の楽しみは初めての場所に行くことと、定点観測の楽しみがあると思ってますが、今回は毎年のように行っていて好きなお店も多い高松と、以前から行ってみたいと思ってた場所を組み合わせて計画を立てました。
なんでこの時期かというと、GWは混むし4月は旦那が試験を受けるしで今くらいがちょうどよかったのと、年に1回くらいは高松に行ってるのが去年は行けなかったので、そろそろうどんが切れてきた…というのと、高松に好きなお店があるんですが、いつも高松に行くお盆の頃には夏休みを取ってらっしゃるので、時期をずらして行くことになりました。

7時台の高速バスで出発。

IMG_0158.jpg

天気もサイコウで定刻通りに高松駅に到着。ロッカーに荷物を預けてレンタサイクルに乗り、県庁方面へ。最初の店に着いたのは12時前でした。
しばし待ってまずは1杯目。誠うどんの山かけ。

IMG_0160.jpg

こちらのお店のうどんはおいしすぎて、いつも麺が光り輝いてみえる…と思ってます。舌触りさいこう。

たちまち1杯たいらげて、まだお腹に余裕があるなってことで近くのさか枝で2杯目。

IMG_0162.jpg

いりこ出汁最高…。

駆けつけ2杯に満足して、瓦町駅で自転車を一旦返すと、商店街をぶらぶら。
なんか高松に行くともう好きな店とか散歩コースが決まってて、いつも同じようなことしてる気がします。
宮脇書店でちょっと買い物して、街のシューレとかをのぞいて、くつわ堂の2階で休憩。

IMG_0166.jpg

くつわ堂の2階もレトロな喫茶店て感じでくつろげて好きなのです。

それから今回は本屋ルヌガンガに寄ってみました。
セレクトショップみたいな新刊本屋さんてあんまり行動範囲内にはないので、どういう本を置いてるのかな〜と一通り見て、藤森照信と山岳の新書を1冊ずつ購入。
なんか、大学を出て地方に住んでた20代の頃、こういうお店が近くにあったら、1週間ここに来るのを楽しみに働いて、週末ごとに来てただろうなーという本屋さんでした。

一旦ホテルにチェックインして休憩し、18時に予約していた食工房DOIへ。
今回はほとんどこのお店に来るために計画したといっても過言ではない。

IMG_0176.jpg

お刺身は炙った鰆がおいしくて、あと里芋の揚げたんにあんかけがかかったののだしがおいしすぎる。

IMG_0173.jpg

牛ロース肉でシソを巻いたんも、舌の上でとろけた。
あとこのつけあわせのキュウリと茗荷もさっぱりしてとてもよかった〜。

IMG_0177.jpg

こんなもんかな?と思ってたらさらに生ハム、牡蠣のオイル漬けなどが出てきた。

IMG_0175.jpg

〆は卵雑炊とゆずシャーベット。
いつもだと高松で飲んだら〆はうどん棒に行ってうどんでしめてるんですが、今回はお腹いっぱいだったので気持ちよく散歩してホテルに帰ってそのまま就寝。
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年03月23日

厄年

今年はなんだか正月から足首を痛める、ついでに腰もぎっくりとなる。
買って3年の洗濯機が調子が悪くてモーター交換になり、修理代を見て保障を延長しておけばよかった〜と思ったら、修理の時に実はけっこう長い間水道が水漏れしてたことが発覚。

そして旦那の仕事用スーツに穴があきそうってんでデパートで2着いくらみたいなスーツを買いに行ったら、今度はビジネスかばんのベルトがちぎれそうになってるというのでこれも買い換え。

なかなか出費が重なるなあと思ってたら、アパートの2階から小火が出て、かなり動揺しました。
被害は臭いくらいで済んだのですが、寝タバコらしいと聞いてほんと勘弁してくれよーと思いつつ、3月に入って結婚記念日が近づいたので気分も新たにしようと、きもーち奮発していろんな絵皿の回る寿司屋で生牡蠣を食べたら見事に当たって、結婚記念日当日に夫婦揃って寝込んだという。久しぶりの胃腸炎でした。
結婚して13年。厄年がいっぺんに来たのか。

幸いどれもこれもすぐに対処できたので、被害らしい被害はないんですが(臨時出費はけっこうあったけど)こういうことが重なると、今年は自分の身体的にも、住処とか環境も含めてじっくりメンテの年かなーと思います。
posted by すずる at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2018年03月21日

1月に読んだ漫画

3月になって1月の話かって感じだけど、毎月漫画もそこそこ読んでるので、1ヶ月ごとにメモを書いておこうと思って途中まで書きかけて忘れていたのを今頃見つけた。

1月に読んだ漫画は39冊でした。
いつもより数が多いのは、正月に足を怪我して漫喫で暇をつぶしたのが引き金になって、正月休みに積み漫画を一気読みしたのが大きかったからです。39冊中、『弱虫ペダル』(とスペアバイク)が22冊。

印象に残った漫画についてちょっとずつ。

 

『春の呪い』は自分でもどこがツボだったかわからずもやもやしてるけど、引き込まれて一気読みでした。
残された姉。若くして死んでしまった妹の婚約者との、婚約。
喪失感と、それ以上の不在ゆえの春の存在感。
こう、残された者たちの話が好きなのかもしれないなー。あと感情の薄さと、インモラルな雰囲気が。



好きな4コマ漫画家の新刊は新婚さんものだった。
昔好きだった4コマ漫画家が、年月が経って子育て漫画とかエッセイ漫画にシフトしてることがよくあるので、お前も結婚したのか…ってなるけれど、今までのテイストも残しつつ、新婚さんにニヨニヨできるので満足した。

新婚さん4コマだとおーはしるいの『夫婦な生活』が好きだったなあ。あの頃は同世代夫婦に共感しつつ読む感じだったけど、今は若いなかわいいなってなるな…と自分がもう若夫婦ではないことがしみじみくる。

完結巻が出た2作。



ゆうきまさみがBL漫画を描く女子高生を描くという、最初はまじすか?と思った。
兄の漫画で受賞してしまったという秘密を抱えて、本来の描きたい漫画と違うジャンル(BL)を苦労して描く主人公と、作中に出てくる畑違いのBLを描くゆうきまさみをオーバーラップさせるという狙いだったのかもしれないけど、結局、本人が好きでも得意でもこれは面白いと自信を持ってるわけでもないジャンルの漫画を苦労して描く漫画家の話って、面白がる余地がなかった。

それはミステリ漫画とかSF漫画とか他のジャンルだったとしても同じことで、BLならギャグになると思ったのか…?みたいな疑問。
まあ私が商業BLも読む方だから余計にそのジャンルをバカにしてるだけじゃん、と感じたのかもしれない。



SFと冒険とサスペンスとギャグと、一つのジャンルに縛られない作者の多彩な持ち味が発揮されてる。
目の前の危機に対処しつつ、高校生たちそれぞれの秘密が明らかになっていくのも面白かったし、異星での面白サバイバル生活に影を落としていた、この中に誰か裏切り者がいるという大きな謎も明らかになって満足した。
posted by すずる at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画