2016年12月26日

ダ・ヴィンチとかこのマンとか

年末になるとランキング本が出てくるので、なんとなく気にしている。
「趣味は?」と聞かれたら読書と答える人生を送っているが、年々意欲が、読む数も読書に費やす時間も減ってきて、10代20代のむちゃくちゃ読んでた貯金を食いつぶすばかりで、ここ数年の話題作とか全く知らないし分かってない。
これじゃいけないと、今年は久しぶりにダ・ヴィンチのブックオブザイヤー特集号を買ってみた。

あ、違った。

今年、石黒正数の『それでも町は廻っている』が完結した。
アワーズで連載を読んでいて、これはというエピソードが続いたのに最終回が近いことに気付いてなく、「次号最終回」で「えええまさかの展開?」となり、それから「これが最終回??」となり、過去の巻を読み返して「おおおーーーー!!!」と…最終巻出たら、じっくり全巻を読み返そうと思う。
それはそれとして、石黒正数の2P漫画が載るって知って買ったん。ダ・ヴィンチ。

ランキングも参考にしたけど、あと米澤穂信の古典部シリーズ最新刊のインタビューがあって、それがよかったのと、穂村弘の「短歌ください」が傑作だらけでたまげた。

雑誌『ブルータス』も、12月は読書特集なのでその時だけ買って読んでいる。
今年はテーマが「危険な読書」で、最初から荒俣宏さんの対談とか嬉しい。
両方とも読みたい本をメモしたので、おいおい読んでいきたい。

あと今年は久しぶりに『このマンガがすごい!』も買ってみた。
ランキングはあまり相性が合わないというか、「こんなマンガを知ってて評価してる俺って分かってるでしょ?」オーラがなんか…こう…あるよね。
売れてるマンガのタイトルは目に入って来やすいから、まあそういう話が聞きたいのではある。
「これが人気あります」よりも、「自分が読んだ中でこれが今年面白かったよ」っていろんな人のが聞けるのがいいみたいな。

で、ランクインした作品が載ってる雑誌トップ20というのがあって、それを見れば注目されてる雑誌がわかるなーと見てみると、

月刊フラワーズ
Kiss
別冊マーガレット
週刊少年ジャンプ
少年ジャンプ+
フィール・ヤング
月刊コミックZERO-SUM
モーニング
月刊アクション
月刊ヤングマガジン
ITAN
ハルタ
月刊アフタヌーン
週刊ヤングマガジン
トーチ web
デザート
月刊!スピリッツ
週刊ヤングジャンプ
ビッグコミックスペリオール
プチコミック

で、ジャンプしか読んでなかった。それはランキングが見たことない作品だらけなわけだ。
それからwebコミックが強かったというのが書いてあったけど、ネット広告でかなり見かけたタイトルが入っていたので、やっぱ広告の効果があったということなのかなー。

マンガってどのくらい読んでるかな?と今年は数えてみたら、だいたい月10冊+週刊誌2冊、月刊誌3冊で、もうちょっと読んでもいいなと思うので、じわじわ好みに合いそうな雑誌を見つけていきたい。

今年読んで面白かった本とマンガの話は年明けにします。
posted by すずる at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2016年12月25日

クリスマスプレゼント

今年は23、24、25日が金土日で3連休だったので、部屋の片付けや年賀状の準備をしたり、クリスマスの買い物に出かけたり、25日は終い天神で京都の北野天満宮に行ってきたりしていた。

クリスマスプレゼントは夫婦でお互いの欲しいものを一緒に買いにいくようにしている。
旦那の使っている定期入れが、結婚前のお付き合いしていた頃に私がプレゼントしたものでもうすっかりぼろぼろになっていたので、いいかげん買い替えることになった。ついでにキーケースも。

IMG_6631.jpg

それで、私は10年日記帳を買うことにした。
最近ブログに母が10年日記帳を使ってると書いたのがきっかけで、そういえば自分もやってみたらいいんじゃん、と思ったので。
twitterやブログがあるけど、ネットにはこれは書かないと決めてるルールがあって、まず日常的な行動範囲が読めそうな行動、お店のことは書かない。
それからネガティブなことは書かない。面白くないとか楽しくないとか、嫌なことがあったとか、あまり良くないことが頭に浮かぶとか。
というのは、嫌なことがあってもさっさと忘れたい方なので、ふと過去の文章を読み返した時にネガティブなことを思い出させられるのが嫌なのと、私は予言の自己成就というのを妙に信じてしまっているので、悪いことを書いてそれが現実になるのが本当に嫌だから、特にネットでは匿名でもネガティブなことを書かないように気をつけている。
あとはニュースとか政治的なこととかも極力触れたくない。

まあでも個人的な日記帳なら、調子が悪いとかそういうことも書いておけるし、案外そういうのがメモとして必要になる気がするので、1/1から使おうと思う。
三日坊主になりがちなので、あっさり放り出さないように気をつけたい。

それからロフトでリースも1つ買った。クリスマスグッズは年に1つ増やしていく。

クリスマスイブの夕食は、鶏やパンやケーキを買ってきて、自分ではアヒージョとカブのピクルスだけ用意した。
お酒はこだわりないのでただのアップルサイダー。適当でも手持ちの中でいい食器を出したら気分は上がる。
手の込んだごちそう作る人は尊敬する。

IMG_6633.jpg

パンはポール・ボキューズの。がっつりチーズ系の味が好きでたまに買う。
posted by すずる at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2016年12月19日

昔話

自分語りをするとドーパミンが出るとこの前見かけたけど、頷ける。ブログにだらだら昔話を書くだけで快楽物質が出てくるんだからこれほど安上がりなことはないよなー。

ちょっとマニアックな趣味に目覚めた時に、ネットがあったかどうかってけっこう大きな意識の差に繋がってるかもなーと今日はそんなことを考えていた。

最初にオタク的なものに触れたのは小学生の時で、友達に連れられて古本屋さんに行ったら、中古の同人誌が棚の1段分くらい、1冊50円とか100円とかで置かれていた。
私の家は基本的に漫画アニメ禁止の家だったので(ドラえもんのみ許可)、見てない聖闘士星矢のいきなり同人誌を読んじゃうという倒錯した出会い方をしてしまったわけだけど、近所のお姉さんとかお兄さんとかに色々教えてもらうっていう流れがまずあって、そこからだんだんその手の趣味の雑誌があるとか、市内でも小さな同人誌即売会があるらしいとか知って、自分から手を広げていったのだった。

ネットがないと、対価を払わずに誰かの二次創作を見るってことがまずありえなかった。(身近な仲の良いオタク友達とやり取りするのを除いて)
雑誌の投稿欄とか、商品として売られてるアンソロジーコミックとか、即売会で同人誌を買うしかない。
地方都市の中学生の手が届く範囲のものが全てで、今みたいに特定のジャンルにはまるというよりは、手に入る範囲のジャンルを手当たり次第に読むって感じだった。
わりとみんなよろずジャンルが普通だったというか、よろずっていうのはもう死語だろうか?

ネットのない頃、最も重要な情報源は雑誌だった。そこにだいたいお友達募集のコーナーがあって、趣味、今で言うジャンルが合いそうな相手を見つけて文通。
便箋にびっしりお手紙を書いて投函したらお返事が来るのが待ち遠しくて、毎日学校から帰ってきてポストを覗くのが楽しみだった。
文通、交換日記、リレー小説、あの頃のオタク同士のやり取りって今思うとのんきな速度で、でも濃密でもあった。

ミステリにはまったときはもうネットがあったので、掲示板経由でたくさんの人と出会って、夜を徹してチャットでおしゃべりして、ほんと時間を蕩尽してきたと思う。
今現在やり取りしてる友達はもう、学校や職場で出会った人よりネットで出会った人の方が多い。
ネットがあるなしでいうとあった方が趣味の仲間と出会うという点では絶対いい。

落ちは特に無い。今はなんかしら気になるタイトルがあればまず検索、pixivで探してtwitterで検索して…でたくさんの情報が見られるけど、さらっと消費するだけであまり熱を持ってどうこうっていうのは減ってしまった。
SNSではすぐに誰かとやり取りができる。仲間と出会うこと、リアルタイムで本当に好きなもののことを話すことの楽しさもたっぷり知ってるけど、誰かのレスポンスを待っている間に、どんな返事が来るだろうと想像したり、今度はこんなことを書こうとあれこれ考えて練り込んでいく時間も良かったなーという話。

本当に欲しいものは自分で作るしかないという原則だけは変わらない。
posted by すずる at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2016年12月15日

2016年のMONKEY

今年もあまり読書してなかったけど、年3冊発行の『MONKEY』はかろうじてついていってます。



vol.8は東京国際文芸フェスティバルに合わせた「2016年の文学」特集。
巻頭のオルハン・パムクの「事物の無垢〈抄〉」は実際にオープンした自作の小説とリンクする博物館の図録みたいなもので、個人的な物語みたいな、70-80年代のイスタンブールの記録として民俗学的価値が出そうな、よその国の読者からみると異文化として面白くて、本読みで博物館スキーとしては2度おいしい。
『無垢の博物館』はいつか読もう。

特に刺激的だったのはイーユン・リー「小さな犠牲」。
ペットとして飼ってる豚が大きくなりすぎちゃって、大家から処分を迫られてる女性の話。っていうとなんかコメディっぽいな、全然そんなことなくて、語られるのは主に主人公とその母の関係。
母が娘に言った台詞として
「他人の人生で人が重みを持つとしたら、それは何を与えるかではなく、何を奪えるかだ」
こういうのが出てくるのが凄い。

猿からの質問は海外の作家に聞いた「自国の本で日本の読者に読んで欲しい本」と「日本の本で自国の読者に読んで欲しい本」が面白かった。
ロシアでいい翻訳家に恵まれて短歌や俳句が紹介されてるなんて初めて知った。

対談とかも面白かったけど、文芸フェスティバルには興味を持てなかった、ていうか…自分が現代作家の本を、ほんっとに、読んでないなーと改めて感じた。
読んでないとその場には行けないな、と。
これは原語で読む人と翻訳でしか読めない人の溝かもなあ。なんて言って単にコンプレックスが露呈しただけかもしれない。
ガイブン読みも極まればいつか原書でっていうのはあるよな。素晴らしい翻訳でたくさん新刊が出てるって環境に感謝はあれど。




vol.9は「短篇小説のつくり方」特集。メインはグレイス・ペイリー。初めて読んだ作家で、短篇もインタビューも凄く歯応えがあった。
「死せる言語で夢を見るもの」が特に好き。
主人公は老人ホームにいる両親に会いに行った女性。家族間の愛情は時として義務的に、時として滑稽な喜劇にも悲劇にもなる。
ありふれた家族の一コマでも組み立て次第で怖いことできるなあ。どこにも行き場がないイメージ、移民と老人ホームのそれが重なった時の破壊力はおそろしかった。
ばらばら寸前で踏みとどまる一家族の不幸が普遍性を持つ。
インタビューがほんとよかった。根っからの作家というか、物語の語り手としてのスタイルに憧れる。
ガチのフェミニストだけど作品にあまり主義主張っぽいのが表面に出てこないのは、女性に肯定的に共感していくスタイルにあるのかも。語り手よりもまず良い聞き手であるということ。
あとインタビューの中にあった、物語が元々あって、でもその物語の真相をただしく伝える語り方が分かるまでに時間がかかったという所が印象に残った。

他の短篇で印象に残ったのはムナ・ファドヒル。18年捕虜だった男が解放される話で、落ちもうまく決まってるけど、解放されることに半信半疑でとある行動をする、そこの描写、その切実さにちょっと涙出た。
あと、マシュー・シャープはラストの1文が、混乱と悲しさと未知の何かへの期待とが入り混ざって複雑でなおかつロマンティックで、なんていうか、こんな文が出てくるということに嫉妬した。
この号は読み応えがあった。




vol.10は「映画を夢みて」特集。
ポール・オースターは少年が見た映画の筋をたどる話。もしかしたらB級SFなのかもしれないけど、少年が大きな影響を受けたのがよく分かる。少年の全てを変えてしまう力を持つもの。
映画のあらすじを丁寧に語ってるのが、ちゃんと小説になってるのがすごいと思った。
カズオ・イシグロのドラマ脚本もかなり奇妙な話で良かった。どっちもイメージ喚起力が強かった。

西川美和のインタビューは映画監督として、作家として物語の描き方がどう違うかとか、面白かった。
映画監督はスタッフを背負う責任があるということ、あと打ちのめされるような映画だったらほんとぐうの音も出ないようなものを…のくだりが良かった。

映画ってそういうところがある。
posted by すずる at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2016年12月14日

夜行

森見登美彦の『夜行』を読んだ。

鞍馬の火祭りの夜、宿に集まった仲間がそれぞれ語る、列車と奇妙な銅版画にまつわる話。
10年前に消えた女の子の、消失の謎にだんだんアプローチしていく話なのかな〜と思いつつ読み始めたけど、語られていくのは語り手個人の身に起きた奇妙な出来事で、すっきりするというよりは次第にもやもやが積み重なっていく。
茫漠とした列車の旅の行き着く先は奇妙な絵画の中の閉じた世界だったような、閉じ込められたと思ったらその闇はもっと広い場所に繋がっていたような、時間も空間も此方と彼方もくるくるひっくり返るような。

いい怖い話でした。津軽と天竜峡が特に好き。
久しぶりに肌が粟立つ感じを味わった。


posted by すずる at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書