2016年11月27日

けが

久しぶりに体重計に乗ったら、薄々予感はしていたものの、現実逃避したくなる数字になっていた。
だいたいこのくらいの時期にこれじゃーいけないと思って半年かけてダイエットして6kgくらい落として、また半年くらいかけて元に戻っていくというサイクルができてしまっているんだよなー。

その日私はすこし急いでいた。
別行動していたツレから今どこ?と連絡が来て、本屋の地下1階で合流しよと返事して、時間をつぶしていたカフェから本屋に向かって歩いていた。
雨が降り出して急ぎ足になる。傘は持ってなかった。本屋まではビル2つ分。大きな雨粒に、建物の中を通り抜けて行くかそのまま道を行くか少し迷った時、気がついたら手と両膝をついていた。何が起こったのか分からなかった。歩道と車道を隔てる、ほんの10cmもない小さな段差で足を踏み外したということにまずびっくりしていた。
落ちただけならびっくりで済んだが、右の足首を捻って、左のひざ小僧をひどくすりむいてしまっていた。

気をつけないとなーと思っていた2週間後。
ツレと明治村に謎解きゲームに参加しに訪れた時のこと。朝一番に行って、受付の帝国ホテルまで急いでいた時……またこけた。階段を降りきったところまでは慎重だったのに、歩道から車道に降りる段差を見逃していた。
今度は左の足首を捻り、右のひざ小僧をすりむいていた。

これまでずっと怪我とは無縁だったのに、立て続けにすっ転ぶとはなー。

すりむいただけならうかつだったなーで済むんだけど、足の痛む部分をかばいながら歩き回っていたら、膝と股関節がひどく痛むようになってしまった。
股関節は元々あまりよくなくて、変形性股関節症で去年何ヶ月か整形外科のリハビリに通い、落ち着いていたのが元に戻ってしまった。

そういうわけで、両方のひざ小僧に絆創膏を貼ってるし、右足首はサポーターがないとなんか危ういし、下半身が満身創痍って感じで、歩くのが億劫になってしまっている……という言い訳。

いやでもこの体重はそろそろなんとかしないとなー。おやつ制限と、筋トレから始めなければ。
posted by すずる at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2016年11月26日

昔の日記

母は10年日記帳を買ってけっこうまめに日記をつけている。1年前、2年前の同じ日にあったことを読むと、けっこう面白いし参考になると聞いて、そんなもんかねーと思っていたが、twilogで1年前の今日のツイート、すべての年の同日のツイートを読むようになって、この感覚かと腑に落ちた。
人は誰でも怖いものがあると思うが、私の場合は忘れてしまうことが怖い。
前に後輩が目に焼き付けるから写真は撮らないと言っていたが、私は逆で、自分の脳ほどアテにならないものはないと思っているから、写真でもメモでもなんでも記録を取る。取りたい。整理下手なのでどこになんのメモがあるか分からなくなってしまっても、探せばどこかにメモが残ってると思えば心の平安は保たれる。

大学に入るまでは日記を書いてはいなかった。
夏休みの宿題の日記は最終日にまとめて一気に書いていたし、高校生の時は授業で日記を英語で書けなんてのがあって、それも提出日の前日にまとめてでっち上げていた。
初めて自発的に日記を書いたのは大学3回生の時で、たまたまスヌーピーの手帳を買って、それに1日数行でも書いていたら案外続いた。それからパソコンを買って自分のホームページを作って日記を垂れ流した時も、なんだかんだで毎日更新していて、今思えばよく書くことがあったと思う。

昔の日記を読み返す方かというと、そうでもない。でもあればあった方がいい。そういう気分になったので、またしばらく飽きるまでなんかしら思いつくまま書いてみます。
あと、右の過去カテゴリをいじってプルダウンにしてみた。
posted by すずる at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2016年09月02日

秋の予定

秋に行きたい特別展とかのメモです。
だんだん付け足していきます。

〜9/19 忍性 奈良国立博物館
9/9〜 カミとほとけの姿 岡山県立博物館
9/23〜11/20 東海地方の円空仏 岐阜県博物館 (10/2岐阜MD)
10/15〜11/27 坂本龍馬 京都国立博物館
10/18〜11/23 芦雪溌剌 和歌山県立博物館
10/7〜12/4 祈りをこめた小塔 飛鳥資料館
7/1〜12/4 伊藤若冲展 承天閣美術館

京都非公開文化財特別公開
10/28〜11/7 ハリストス正教会
10/29、30、11/1〜6 松花堂庭園
posted by すずる at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的メモ

2016年08月07日

常滑さんぽとライブミュージアム

タイルに興味を持ったきっかけは、新婚旅行の時に見たスペインのタイルだと思う。ガウディのグエル公園。
それで、大阪のLIXILギャラリーに何度か企画展を見に行ってて、常滑にライブミュージアムがあるというのを知り、いつか行ってみたいと思っていた。
動機はもう一つあって、LIXIL出版て建築もだけど民俗系とか面白そうな、手元に置きたいような本をいろいろ出してて、特に欲しいのは品切れなんだけど、本元のギャラリーショップに行けばちょっと古いのも現物見れたりしない?並んでたりしない?という気持ちがあった。

で、夏に家族旅行のために帰省した時に、常滑まで出かけてきた。実家からはJRと名鉄乗り継ぎで2時間半くらい。
ライブミュージアムまではバスも出ているようだが、せっかくなのでingressの Welcome to Tokoname!! ミッションをオファーして、やきもの散歩道をぶらぶらしながら行くことにした。
常滑駅スタート。

IMG_5903.jpg

信楽は狸が出迎えてくれたけど、常滑は招き猫だった。

IMG_5905.jpg

この手作り感嫌いじゃない。

IMG_5907.jpg

IMG_5912.jpg

歩いていくと焼き物の町ならではの煙突のある釜が見えて、気分も盛り上がってくる。
あとなんか土管が多かった。
けっこう入り組んだ迷路のような道をのぼったりまわったり、趣のある町並みで、いい散歩道だった。
瀬戸内の島に雰囲気が似てる気がした。

IMG_5916.jpg

登釜はでかかった。たぶんミドコロは他にもあるんだけど、真夏のことであまり立ち寄る余裕はなかった。

IMG_5923.jpg

神社の狛犬も当然焼き物。

そうこうしているうちに、ライブミュージアムにたどり着いた。

IMG_5933.jpg

IMG_5926.jpg

お昼はちょっと奮発。

ミュージアムの展示の方は、フランク・ロイド・ライトが帝国ホテルの壁にレンガを希望したことから常滑に帝国ホテル煉瓦製作所ができて、それが後のINAX-LIXILであるっていう歴史もわかった。
焼き物を温度別に、素材や技術の視点から並べて見るという展示が面白かった。七宝の隣に経筒。
岩手の鍛冶神図、三宝荒神がふいごの上に立ってる図を知ったのも良かったなー。
タイルも漫喫したけど、あとは美しい染付便器が印象に残った。

IMG_5938.jpg

IMG_5939.jpg

還情園池紋製とか、美しい。あと織部の便器!
1891年の濃尾大震災でいろいろ壊れたとこから需要ができたのと、大正初期に衛生観念の向上から吸水性のない磁器製が主流になったとか勉強になりました。
近代建築巡りをしても、当時の便器がそのまま残ってるってとこはめったにないというか見たことないし、貴重なものが見られました。

……物販には本は全然なかった。

ミュージアムを出て、ミッションがてら海沿いを歩き、常滑駅でゴール。

IMG_5937.PNG.jpg

散歩とミュージアムは漫喫したけど、他の見るところや肝心の常滑焼のお店は全く見なかったので、また改めて遊びに行きたい。
posted by すずる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館

2016年08月03日

ミッションデイ丸亀

丸亀の爆速流しうどんイベントに合わせてingressのミッションデイがあるということで、1泊で行ってきました。
前日に高速バスで高松入りして、うどん食べて丸亀に移動してうどん食べて夜は骨付鳥を食べて飲んで…食べてばっかりいるようですが、この前日に美味しいものを食べておくという選択はあとで考えると正解だった。

IMG_5725.jpg続きを読む
posted by すずる at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ingress/ミッション